Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

東京から名古屋までの格安アクセス方法

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

東京-名古屋の主なアクセス方法は、新幹線、高速バス、飛行機があります。

東海道新幹線で名古屋駅

東海道新幹線での移動手段は、安全面や運行本数の多さ、時刻の正確さからもっともポピュラーです。列車名は「のぞみ」「ひかり」「こだま」で、片道料金7,900〜14,680円、所要時間1時間34分〜2時間49分。(2017年8月時情報)

JR名古屋駅は、在来線3路線(東海道本線、中央本線、関西本線)が乗り入れています。名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)が隣接し、地下には名古屋市営地下鉄の桜通線と東山線が走っています。また、近くに近畿日本鉄道(近鉄)の名古屋駅、名古屋鉄道(名鉄)の名鉄名古屋駅があり、乗り換えにも好都合です。
バス乗り場は主に太閤通口と桜通口にあり、太閤通口ではJRハイウェイバスをはじめ、他県へ向かう高速バスなどが運行しています。桜通口では、市内路線バスが多く発着しています。

お得なきっぷをいくつか挙げてみます。JRが運営する東海道・山陽新幹線の会員制インターネット予約サービス、「エクスプレス予約」または「スマートEX」の「EX早特21」が最もお得で、21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中出発の「のぞみ」普通車指定席が8,300円(通常期)になります。ただし、繁忙時期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)は利用できません。

また、「ぷらっとこだま」は「こだま」のみの乗車になりますが、東京-名古屋が8,300円(通常期)になります。申し込みはe-ぷらっとに会員登録(無料)してインターネットで購入するか、電話 (JR東海ツアーズ)または旅行代理店(JR東海ツアーズ、JTB)での購入になります。

東京ディズニーリゾートへ出かける方向けに、「東京ディズニーリゾート往復きっぷ」があります。出発駅から舞浜駅までの往復切符で、東京ディズニーリゾートの入場予約券(1デーパスポート)まで含まれ、名古屋発の価格は28,750円です。ただし、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できません。
新幹線を使用して東京-名古屋を往復して宿泊する際は、旅行会社が発売しているJR+宿泊セットプランを利用する方法もあります。個別に手配するよりも安く抑えることができます。

高速バスで名古屋駅

移動手段の中で最もリーズナブルです。JR名古屋駅へ片道料金2,000〜17,600円、所要時間約4時間30分〜9時間。 (2017年8月時情報)
複数の高速バスが運行する競争の激しい区間で、昼行と夜行のいずれかを選択できます。バスによってトイレ有無や、東京ディズニーリゾートや都内のさまざまな駅から出発または停車するため、選択も多数です。また運賃も大きく幅があり、週末やゴールデンウィーク、お盆や年末年始などは高くなる傾向があります。座席の3列シートは4列シートより少し割高ですが、座席スペースがゆったりしています。

飛行機で中部国際空港

名古屋で利用する空港は中部国際空港(セントレア)です。ANAとJALが羽田〜中部線を運航し、新幹線と競合していることから運航本数はあまり多くありません。片道料金6,700〜28,850円、所要時間は約1時間 〜 1時間10分。(2017年7月時情報)

東京都心から羽田空港へのアクセスは、電車(京浜急行)とモノレール、バスがあります。また名古屋市内へのアクセスは名鉄空港線ミュースカイ・名鉄名古屋行が便利で、所要時間28分、運賃は1,230円です。

「早割」(早期割引)タイプの運賃を利用することで、ある程度安くすることができます。ただし、予約期限に制約があるため、予定が決まりましたら早めに手続することをお勧めします。

 - 東日本まち歩き