Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

東京から大阪までの格安アクセス方法

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

東京-大阪の主なアクセス方法は、新幹線、高速バス、飛行機があります。

東海道新幹線で新大阪駅

東海道新幹線は最もポピュラーな移動手段で、所要時間では飛行機と肩を並べていますが、運行本数の多さや時刻の正確さに優れているのが最大のメリットです。列車名は「のぞみ」「ひかり」「こだま」で、大阪側の発着は新大阪駅になります。片道料金9,900〜19,230円、所要時間2時間22分〜3時間54分。(2017年8月時情報)

 JR新大阪駅は東海道本線と、大阪市営地下鉄の御堂筋線が乗り入れています。大阪駅へはJR東海道本線で1駅、梅田駅へは御堂筋線で3駅です。
お得なきっぷをいくつか紹介いたします。JRが運営する東海道・山陽新幹線の会員制インターネット予約サービス、「エクスプレス予約」または「スマートEX」の「EX早特21」が最もお得で、21日(3週間)前までに予約をすると、早朝・日中出発の「のぞみ」普通車指定席が11,000円(通常期)になります。ただし、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できません。

また、「ぷらっとこだま」は「こだま」のみの乗車になりますが、東京-新大阪が10,500円(通常期)になります。申し込みはe-ぷらっとに会員登録(無料)してインターネットで購入するか、電話 (JR東海ツアーズ)または旅行代理店 (JR東海ツアーズ、JTB) での購入になります。

東京ディズニーリゾートへ出かける方向けに「東京ディズニーリゾート往復きっぷ」があります。出発駅から舞浜駅までの往復切符と東京ディズニーリゾートの入場予約券(1デーパスポート)を含み、大阪発の価格は34,840円です。ただし、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には利用できません。
新幹線を使用して東京-新大阪を往復して宿泊するなら、旅行会社が発売しているJR+宿泊セットプランを利用する方法もあります。個別に手配するよりも安く抑えることができます。

高速バスで大阪駅

大阪駅

大阪駅

最もリーズナブルな移動手段です。JR大阪駅へ片道料金2,400〜18,000円、所要時間約7時間40分〜10時間。(2017年8月時情報)
多数の高速バスが運行し、距離から夜行が圧倒的ですが、昼行も運行しています。バスによってトイレ有無や、東京ディズニーリゾートや都内のさまざまな駅から出発または停車するため、乗車の選択が可能です。また運賃も大きく幅があり、週末やゴールデンウィーク、お盆や年末年始などは高くなる傾向があります。座席の3列シートは4列シートより少し割高ですが、ゆったりしたスペースです。

飛行機で伊丹空港

羽田〜大阪間を飛行機で移動する場合、大阪発着は伊丹空港と関西空港があり、ANAとJAL、スターフライヤーが運航しています。片道料金6,900〜36,890円、所要時間約1時間5分~1時間25分。(2017年8月時情報)

東京都心から羽田空港へのアクセスは、電車(京浜急行)とモノレール、バスがあります。また大阪の伊丹空港からは、リムジンバス、モノレールと電車で梅田方面へ向かいます。関西空港からは、リムジンバス、JR、南海電鉄で、梅田方面(新大阪駅・大阪駅)ならJR、難波方面なら南海電鉄を利用すると良いでしょう。

運賃は「早割」タイプを利用することで、ある程度安くすることができます。ただし、予約期限が決まっているため、予定が決まっている場合は早めの予約手続きをお勧めします。また往復飛行機を利用し宿泊する際は、航空券とホテル宿泊がセットになった、パッケージツアーを利用するという選択もあります。

 - 西日本まち歩き