Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

西荻窪でおすすめグルメスポット3選

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

西荻窪は気取らない落ち着いた雰囲気が心地よく、親しみを込めて「西荻(にしおぎ)」と呼ばれています。西荻窪駅の南北口周辺には魅力的で小さな個人店が多く集まり、さらに続く住宅街にもおしゃれな佇まいのお店が点在していることから、散歩感覚でショップ巡りを楽しむ人が増えています。

どのお店も個性的で、歩くとアンティークショップやギャラリー、雑貨店や書店などが見つかります。また最近は、グルメの街としても注目を浴びてきました。カレー専門店やベーカリーの激戦区としても知られるようになり、目を惹くカフェや美味しいビストロも増えています。また老舗の食堂やラーメン店も健在で、こだわりの居酒屋やエキゾチックな飲み屋街などもあり、さまざまな世代から人気のある街です。

西荻窪へのアクセス

JR新宿駅から中央線快速・高尾行きでJR西荻窪駅下車。(約12分)
※土日休日は西荻窪駅を通過するため、各駅停車の利用になります。

はつね

1961年創業の老舗ラーメン店は、昭和の情緒たっぷりな店構えで先代の母親のお名前が店名になっています。一番人気のタンメンは、鶏の旨みたっぷりな塩味のスープに炒めた野菜による甘みと香ばしさが見事にマッチしています。中太の麺とスープの相性は素晴らしく、最初の一口は強烈な主張はありませんが、食べ進めていくうちにじんわりと広がっていきます。野菜は火の通りを考えてカットサイズを変え、スープが浸透するようチャーシューに隠し包丁を入れるなど、そんな手間ひまをかけた努力によって長年愛され続けています。

また次に人気があるワンタンメンは、注文を受けてから餡を皮に包み始める惚れ惚れするほどの手際の良さに、店主のぶれない自信の程がうかがえます。

関連ランキング:ラーメン | 西荻窪駅

しんぽ

居酒屋「しんぽ」は、暖簾に一文字「魚」に込めた食に対する頑固さと、丁寧な仕事ぶりが絶大な信頼を得ています。素材のごまかしがきかない和食ゆえに、毎朝市場へ足を運び、目で確かめながら仕入れています。調理法はできるだけシンプルにした、旬の食材を活かしたスタイルをずっと貫いてきました。そんなわけで、市場でちょうど見合った食材から作ることから、大半が日替わりの手書きしたお品書きです。店の開店と同時にお腹を空かせたお客さまが、本日のイチ押しメニューをワクワクしながら訪れています。
また日本酒にもこだわり、定番4種、旬のお酒と合わせて常時20種類を揃えています。料理を美味しく食べて欲しい思いから、季節の食材に合う日本酒が厳選されています。

関連ランキング:居酒屋 | 西荻窪駅

海南(ハイナン)チキンライス・夢飯(ムーハン)

西荻窪駅から徒歩1分ほどの夢飯は、アジアンテイストなインテリアの明るい店内が印象的です。シンガポールの国民食として親しまれている海南チキンライスを、日本で初めて紹介しました。ワンプレートに鶏出汁で炊いた優しい味のご飯と、プリッとふっくらした茹で蒸し鶏が添えられています。チキンはあっさり味に仕上げているため、中国しょうゆ、チリ、生姜レモンのソースを付けて召し上がってください。それぞれの味やソースを組み合わせるなど、いろいろな味が楽しめます。茹で蒸し鶏と揚げ鶏の2種類と、量も大中小と3サイズから選ぶことができます。
他にもシンガポールの本格的な料理が満載で、マレー風カレーや麺料理のラクサ、肉骨茶(バクテー)などバラエティに富んでいます。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 西荻窪駅

 - 東京まち歩き