かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

カワスイ川崎水族館で遊んじゃおう!

   

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

水族館というよりも世界中の水辺を集めてしまおうというコンセプトで作り上げられたのがこのカワスイ川崎水族館です!水辺のオアシスが複数のゾーンに別れて展示されているため、観覧するのではなくその世界を覗き見しているような雰囲気で楽しむ事ができます。

多摩川ゾーン

まず入場して最初に入るのが多摩川ゾーンです。

身近な川でもある多摩川の生態を忠実に再現したミニジオラマのような場所をみて回る事で、こんな生き物がいたのか!という発見の連続!

実際に目で見てみると、普段は何気なく通り過ぎてしまう多摩川にこんなにも自然が溢れていたのかと驚きますよ!

オセアニア・アジアゾーン

オセアニアやアジアの雄大な自然環境をそのままミニチュアにした空間です。

巨大なアロワナはもちろん、魚だけでなくフクロモモンガなどの実際のジャングルで見られる生態系がまるごと再現されています。

水のせせらぎや風の生ぬるさ、香りなど、全身で異国のオアシスを味わう事ができる最初の小旅行空間は必見です!

アフリカゾーン

この場所ではアフリカの生態系をギュッととじこめたゾーンとなっています。

バタフライフィッシュやカメレオンなどがいる、熱帯雨林の環境は一歩足を踏み入れるだけで海外の雰囲気がひしひしと感じられますよ!

この場所は昼と夜とでがらっと演出がかわるゾーンでもあるので、時間があるようなら2つの姿を見て欲しい場所です。

パノラマスクリーンゾーン

ここは実際の水槽ではないパノラマスクリーンが壁全体をぐるりと一周してるゾーンです。

200度の円形スクリーンに映し出されるのはアマゾン川に住むマナティやコビトイルカ。

人が近づきそっと触れるとイルカが近寄ってくれるという小粋な演出はぜひ体験して欲しいカワスイでもおすすめのスポットとなっています!

南アメリカゾーン

南アメリカにある世界最大級の湿原、パンタナル湿原を再現した空間です。

ペンシルフィッシュやイグアナ、ピラニアなどが悠々と泳ぐ姿や湿原の空気感は海外そのもの!

イグアナの憮然とした表情や、ウッドチップの中に隠れているアルマジロは自然の中で偶然遭遇したかのような探検気分を感じさせてくれます。

アマゾンゾーン

フタユビナマケモノがいる、ジャングルのオアシスアマゾンゾーン。

ここにはデッキがあり、太陽光がさしこんでくることもあってよくカピバラが日向ぼっこをしにきます。

野生のカピバラが草むらをかきわけてこちらを覗き込んでいる姿は、滅多に見られないレアな情景です。

アマゾンの空気を味わいにアマゾンゾーンへと行ってみませんか?

これらのゾーンやエリア以外にもレストランやカフェ、ふれあい広場にネコカフェなど、ゆったりと休んだり動物ともっと近づくことのできる場所もあります。

川崎市という都会にいながらにして、海外旅行気分を味わえるというのがカワスイの魅力の一つです。

チケット・パスポート

カワスイは昼の部と夜の部にわかれた展示を行なっている為、チケットは共通チケット、昼チケット、夜チケットの3枚にわかれています。

購入方法はネット購入、現地での直接購入の2つがあるため、自分の好きな方を選びましょう。

共通チケット

大人3000円、高校生2250円、小・中学生1800円、幼児(4歳以上)900円

という料金形態となっています。

このチケットがあればその日1日昼も夜も入る事ができるためどちらの部もみてみたいという方にオススメのチケットとなっています。

昼チケット、夜チケット

大人2000円、高校生1500、小・中学生1200、幼児(4歳以上)600円

という料金形態となっています。

共通チケットよりも低価格ですが、昼の部、夜の部どちらかしか楽しめないチケットとなるため時間には注意して購入するようにしましょう。

年間パスポート

カワスイでは年間パスポートも存在し、これがあれば1年間フリーパスで入る事が可能です。

こちらも種類は3種類あり、共通パスポート、昼パスポート、夜パスポートの3種が用意されています。

自分がよく行く時間帯、あるいは行きたい時間帯のパスポートを買うとお得に楽しむ事ができますね。

共通パスポートは大人6000円、高校生4500円、小・中学生3600円、幼児(4歳以上)1800円の価格設定です。

昼パスポート、夜パスポートは大人4000円、高校生3000円、小・中学生2400円、幼児(4歳以上)1200円の価格設定となっています。

いずれも1年に3回以上行くのであれば、パスポートを購入した方がお得に楽しめるため購入をオススメしますよ!

都会の喧騒につかれた時、カワスイ川崎水族館でまったりと過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 - エンタメ