かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

JR武蔵小杉駅・横須賀線ホームを増設し混雑緩和、23年併用開始

      2018/08/29

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

JR東日本横浜支社と川崎市は、横須賀線武蔵小杉駅等の更なる混雑緩和対策を進めていくための基本的な事項について確認し、覚書を締結。

横須賀線ホームの混雑緩和を図るため、現在上り下り共用の1面2線として使用しているホームを上り専用化。下りホームを新たに設置し、2面2線とする。新設にかかる事業費はJR東日本が負担することを基本とし、2023年度の供用開始を目指す。

また、駅構内及び駅周辺の歩行者の分散化による混雑緩和と、南武線北側からのアクセス性の向上を図るため、新規改札口を設置する。

 - 行政・暮らし