東京の再開発

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

品川駅西口再開発

国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。

京急電鉄案

京急電鉄は、国際交流拠点の核を創ることなどを空間づくりの方向性として挙げ、にぎわい施設を自由通路南側に配置。

西武プロパティーズ案

西武プロパティーズは、駅と道路、街の間で回遊性を高めるように建物を一体的に配置するとし、南側駅ビルや西口地区開発ビルとの連続性ある空間を提案。

JR東日本は、東西自由通路の延伸などで途切れのない歩行者ネットワークを形成することや、JR品川駅と京急品川駅の連携、今後進展する周辺地域の大規模街づくりとの連携などを方向性として提案。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

上野松坂屋の南館跡地にパルコやTOHOシネマズ、オフィスが入居

上野松坂屋の南館跡にパルコ 地下1階から10階までの低層部は商業施設とし、地下1階は大丸松坂屋百貨店が本館地下1階と一体で食品フロアを運営。 1階から6階にはパルコが商業施設を出店。7階から10階には …

JR品川新駅(山手線、京浜東北線)が2020年暫定開業、駅デザインは隈研吾氏

品川新駅を着工 JR東日本は9月6日、田町駅と品川駅の間に新設する「品川新駅」(仮称)の概要を公表。山手線と京浜東北線の駅として、2020年春の暫定開業、24年の本開業を目指す。 デザインアーキテクト …

東急が南町田グランベリーモール跡地に大型商業施設を2019年オープン

東急がグランベリーモール跡地に大型商業施設を開発 東急田園都市線の南町田駅前にあったグランベリーモール跡地の再開発で東急が概要を発表した。 町田市と一緒になって南町田駅、鶴間公園と一体開発を行う計画。 …

ゆいの森あらかわ(荒川区)に吉村昭記念文学館や図書館

荒川二丁目に文化複合施設 荒川区に、中央図書館、吉村昭記念文学館、子ども施設が一体となった「ゆいの森あらかわ」が建設中。 荒川図書館の建替えに伴う新たな図書館として、約60万冊の蔵書や約800席と、荒 …

池袋サンシャイン通りに、東急が首都圏最大シネコン(12スクリーン2500席)2019年開業

東急が池袋サンシャイン通りにシネコン 東急不動産と佐々木興業が進めている「(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト」は、地下2階地上14階建ての商業ビルを建設。12スクリーン・約2500席 …