東京の再開発

五反田ゆうぽうと跡地に21階建オフィスとホテル、シェアオフィス も

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

日本郵政不動産が自社で再開発

日本郵政グループの「日本郵政不動産」は五反田の「ゆうぽうと」跡地に、 地上21階、地下3階、高さ 約100m、延床面積約68,000㎡の超高層複合ビルを建設。

 

多目的ホールやシェアオフィス 、オフィス、ホテルからなる複合施設で、23年春に開業予定。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

有明に大型商業施設や劇団四季の劇場、ホテルなど整備

住友不動産が再開発 東京都江東区の有明北地区の「有明ガーデン」の概要を発表。開発面積は約10・7ヘクタール。 約200店が入居する大型商業施設や約8000人収容のホール、劇団四季のライオンキングを上演 …

JR品川新駅は高輪ゲートウェイ駅に!デザインは隈研吾氏

2020年開業 JR東日本は、田町駅と品川駅の間に新設する「高輪ゲートウェイ駅」の概要を公表。山手線と京浜東北線の駅として、2020年春の暫定開業、24年の本開業を目指す。 デザインアーキテクトには、 …

東急が新宿ミラノ座跡地を再開発、映画館や劇場、ホテルなど22年開業

新宿ミラノ座跡地を再開発 新宿歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地に、延べ床面積8・5万平方メートル超のビルに劇場や映画館などのエンターテインメント施設、ホテル、空港連絡バスの乗降場などを備える。19年度の着工 …

中野区新庁舎、体育館跡に23年夏以降に移転

中野体育館跡地に区役所移転 中野区は新庁舎デザインを発表。地下2階地上11階建て延べ4万2460平方メートルで、21年4月の着工、23年8月の完成予定。中野体育館を解体し移転新築する。 10〜11階に …

虎ノ門・麻布台プロジェクト、森ビルが2023年完成を目指す

森ビルが新しいヒルズを整備 虎ノ門・麻布台エリアで森ビルが2023年の完成を目指してプロジェクトをスタートさせた。 広大な中央広場を街の中心に据え、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、 …