東京の再開発

首都圏(東京・横浜・埼玉)の鉄道計画路線

投稿日:2019年1月4日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

建設中の路線

東急新横浜線・相鉄新横浜線

2022年開業予定。横浜羽沢駅から新横浜駅を経由し、新綱島駅、日吉駅までの新路線。日吉から東急東横線・目黒線と直通運転。

相鉄・JR直通線

2019年開業予定。羽沢駅から西谷駅を結び、相鉄本線と接続する。

東京都が事業化への準備基金創設

羽田空港アクセス線

田町駅・大井町駅付近から羽田空港までのJR東日本の新路線。

新空港線(蒲蒲線)

東急蒲田駅から京急蒲田駅間を新しく地下路線で結ぶ計画。東急東横線の渋谷側からの直通運転も想定。

東京8号線(有楽町線)

豊洲駅から住吉駅までの延伸。

都営大江戸線

光が丘駅から大泉学園駅までの延伸。

多摩都市モノレール

上北台駅から箱根ヶ崎駅までの延伸、または多摩センター駅から町田駅までの延伸を計画。

そのほかの主な計画

つくばエクスプレス

秋葉原駅から東京駅までの延伸。

東京8号線(有楽町線)

豊洲から、住吉、押上、野田市を結ぶ延伸計画。八潮や越谷レイクタウン駅を経由する構想。

東京11号線(半蔵門線)

押上駅から四ツ木、松戸までの延伸。押上と四ツ木間は有楽町線と共用する計画。

横浜市営地下鉄ブルーライン

あざみ野駅から新百合ヶ丘駅までの延伸。30年開業予定。

小田急多摩線

唐木田駅から上溝駅までの延伸。町田市と相模原市が延伸に取り組んでいる。




-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

京王とJR東日本が新宿駅西南口地区を再開発

甲州街道を挟んで再開発 2023年度から工事を開始し、南街区の工期は2023年度~2028年度、北街区は2040年代となっている。 更新期を迎えた駅ビルの建て替えを契機として、敷地の整序を行いながら駅 …

東京駅前に日本一高い61階建て「トーチタワー」2027年完成予定

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …

赤坂で三菱地所が再開発、TBSとエンタテインメント・シティ構想

三菱地所と TBS が「国際新赤坂ビル」の共同建替え 建て替えは東京都港区赤坂2、6丁目の国際新赤坂ビルと西館。 TBS 本社・劇場・ホール・赤坂サカス等も含めたエンタティメントシティ構想として一帯開 …

新宿ミラノ座跡「東急歌舞伎町タワー」映画館や劇場、ホテルなど23年4月に開業

新宿ミラノ座跡地を再開発 新宿歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地に、延べ床面積8・5万平方メートル超のビルに劇場や映画館などのエンターテインメント施設、ホテル、空港連絡バスの乗降場などを備える。19年度の着工 …

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)と南北線延伸(品川・白金高輪間)

東京メトロの延伸決定、2030年目指す 半蔵門線(豊洲〜住吉)、南北線(白金高輪〜品川) 有楽町線延伸(豊洲・住吉間)は、建設キロ4.8km、総建設費 約2,690億円。経由地は豊洲~東陽町~住吉。延 …