東京の再開発

首都圏(東京・横浜・埼玉)の鉄道計画路線

投稿日:2019年1月4日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

建設中の路線

東急新横浜線・相鉄新横浜線

2022年開業予定。横浜羽沢駅から新横浜駅を経由し、新綱島駅、日吉駅までの新路線。日吉から東急東横線・目黒線と直通運転。

相鉄・JR直通線

2019年開業予定。羽沢駅から西谷駅を結び、相鉄本線と接続する。

東京都が事業化への準備基金創設

羽田空港アクセス線

田町駅・大井町駅付近から羽田空港までのJR東日本の新路線。

新空港線(蒲蒲線)

東急蒲田駅から京急蒲田駅間を新しく地下路線で結ぶ計画。東急東横線の渋谷側からの直通運転も想定。

東京8号線(有楽町線)

豊洲駅から住吉駅までの延伸。

都営大江戸線

光が丘駅から大泉学園駅までの延伸。

多摩都市モノレール

上北台駅から箱根ヶ崎駅までの延伸、または多摩センター駅から町田駅までの延伸を計画。

そのほかの主な計画

つくばエクスプレス

秋葉原駅から東京駅までの延伸。

東京8号線(有楽町線)

豊洲から、住吉、押上、野田市を結ぶ延伸計画。八潮や越谷レイクタウン駅を経由する構想。

東京11号線(半蔵門線)

押上駅から四ツ木、松戸までの延伸。押上と四ツ木間は有楽町線と共用する計画。

横浜市営地下鉄ブルーライン

あざみ野駅から新百合ヶ丘駅までの延伸。30年開業予定。

小田急多摩線

唐木田駅から上溝駅までの延伸。町田市と相模原市が延伸に取り組んでいる。




-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

日本橋再生計画、三井不動産が構想を発表

日本橋界隈の都市再生と水辺再生 三井不動産は、首都高速が地下化になった以降の日本橋再生計画を発表した。 日本橋川沿いでは今後、敷地面積約6.7ha(約2万坪)、施設の延床面積37万坪に及ぶ5つの再開発 …

虎ノ門・麻布台地区再開発、森ビルがオフィス、住宅建設

2023年完成目指し再開発 港区虎ノ門5丁目、麻布台1丁目、六本木3丁目エリアを再開発。マンション、オフィス、店舗、ホテル、インターナショナルスクールなどを建設する。2019年着工、2023年完成予定 …

日本橋に国内最大の17階建の木造オフィスビル

地上17階建の木造ビル 三井不動産と竹中工務店は29日、東京・日本橋に木造建築として国内最大規模で最高層となる賃貸オフィスビルを新設するため、検討を始めたと発表した。規模は地上17階建て延べ約2万60 …

西日暮里駅前に商業施設や劇場などの再開発

2026年完成予定 JR西日暮里駅前に、地上47階、塔屋2階、地下2階、高さ約180mの超高層マンションと商業・ホール棟が建設。 ペデストリアンデッキで、JR西日暮里駅と日暮里舎人ライナーの西日暮里駅 …

北青山の都営アパート跡地に高層ビル、サービス付き高齢者向け住宅や保育所、交流施設など

北青山三丁目再開発 東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポートが、北青山三丁目の都営住宅跡地に地上25階、地下1階、延床面積約35,737平方 …