東京の再開発

神宮前6丁目再開発、東急不動産が建設し22年度完成

投稿日:2020年1月16日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東急が商業施設を手掛ける

地上10階、地下3階の新しいランドマークとなるビルは、旧オリンピアアネックスビルがあった神宮前6丁目。商業施設や屋上広場の新しいビルに建て替える。

敷地面積は約3085平方メートル。地下2階~地上10階の12階建て。延べ床面積は1万9930平方メートル。建築家・平田晃久さんが外装と屋上のデザインをおこなう。

外装は「KINT DESIGN(まちを編む)」をコンセプトに、「古と新との融合」「外と内との融合」など「共存しながら未来につなげる」まちづくりをイメージする。「熱負荷低減に効果のある」ガラスを採用するガラスの外装は、ケヤキ並木や街を行き来する人などを映し込むため反射率の高いガラスを採用する凹凸面の「umi」と、店舗のイメージ・コミュニケーションの場ととなるフラットな面の「shima」の2つのエリアに分かれる。

-東京の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

ぐるなび会長が東京工業大学に30億円寄付、隈研吾デザインの新施設

東工大に国際交流施設 東京工業大は、目黒区の大岡山キャンパスに、留学生たちと学生とかが交流するための施設を建てると発表。建設資金は、同大の卒業生で「ぐるなび」創業者の滝久雄会長が寄付した30億円で建設 …

北青山の都営アパート跡地に高層ビル、サービス付き高齢者向け住宅や保育所、交流施設など

北青山三丁目再開発 東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポートが、北青山三丁目の都営住宅跡地に地上25階、地下1階、延床面積約35,737平方 …

築地市場跡地は、MICE国際会議施設などを整備

五輪後に整備着手 東京都は、旧築地市場跡地の23ヘクタールを4つのゾーンに分けて再開発。2020年の東京オリンピック期間は選手らの輸送拠点として活用し、大会後に着手する。 「おもてなしゾーン」・・・M …

no image

帝国ホテルが建て替え、2036年完成予定

新本館のデザイン発表 帝国ホテルは、2036年に完成予定の帝国ホテル 東京 新本館の外観デザインを発表した。コンセプトは「東洋の宝石」とし、フランス在住の建築家 田根剛氏のデザイン案を採用する。 建て …

東京駅前に日本一高い61階建て「トーチタワー」2027年完成予定

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …