東京の再開発

WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)、アトレや四季劇場など20年6月完成

投稿日:2017年4月26日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

劇団四季劇場があるエリアを再開発

JR東日本浜松町社宅、劇団四季劇場があるJR東日本アートセンター、シーサイドホテル芝弥生などがあるエリアを再開発。名称は「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」

A棟・・・地上26階、地下2階、ホテル、オフィス
B棟・・・地上6階、地下1階、劇団四季劇場、商業施設(アトレ)
C棟・・・駐車場棟地上10階、地下1階

劇団四季は、こけら落とし公演としてミュージカル「アナと雪の女王」を上演する。

ホテルは、マリオット系進出

JR東日本グループの日本ホテルが、米マリオット・インターナショナルと提携し、2020年4月に高級ホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection(メズム東京、オートグラフ コレクション)」を開業する。高層棟の16~26階にホテルが入る。

再開発期間は大井町でライオンキング

劇団四季は、再開発に伴い上演を、2017年6月下旬で一時休止する。その間は大井町の四季劇場でライオンキングが上演される予定。

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

東急が新宿ミラノ座跡地を再開発、映画館や劇場、ホテルなど22年開業

新宿ミラノ座跡地を再開発 新宿歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地に、延べ床面積8・5万平方メートル超のビルに劇場や映画館などのエンターテインメント施設、ホテル、空港連絡バスの乗降場などを備える。19年度の着工 …

日本橋室町三丁目「COREDO室町テラス」に誠品生活など19年秋オープン

日本橋室町三丁目地区再開発 敷地面積11,480平方メートル、延床面積約168,000平方メートル、地上26階、地下3階建の大規模再開発。地上26階~5階にはオフィス、3階にはホール、2階~地下1階に …

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

品川駅西口再開発 国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。 京急電鉄案 京急電鉄は、国際交流拠点 …

内幸町エリアで大規模再開発、超高層ビル化に着手

東京電力、みずほ銀行、帝国ホテル一帯を再開発 2020年の東京五輪以降に、内幸町エリアで大規模な再開発に着手。36年ごろに完成を目指す。 NTT日比谷ビルエリア 46階建のオフィス、店舗の複合ビル。2 …

浜松町駅前の世界貿易センターを解体し、跡地を再開発へ

浜松町二丁目4地区A街区再開発 東京都港区のJR浜松町駅西口で計画されている世界貿易センタービルの建て替えを中心とする大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」。 街区全体で総延べ28万7985平方メート …