東京の再開発

日本橋に国内最大の17階建の木造オフィスビル

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

地上17階建の木造ビル

三井不動産と竹中工務店は29日、東京・日本橋に木造建築として国内最大規模で最高層となる賃貸オフィスビルを新設するため、検討を始めたと発表した。規模は地上17階建て延べ約2万6000平方メートル。高さは約70メートルを計画する。構造用木材は1000立方メートル以上になるという。三井不グループが北海道に保有する森林の木材を利用。主要構造部には竹中工務店の耐火集成材「燃エンウッド」を使う。2023年の着工を目指す。
持続可能な開発目標(SDGs)の達成や環境配慮の取り組みの一つ。同規模のS造オフィスビルに比べ建築時の二酸化炭素(CO2)排出量が約2割削減できると見込んでいる。建築をはじめ木材利用は各国で関心が高まっている。木材の積極的な利用は、オフィスの労働者や来館者の心地よさを高め、都心の建物の新しい価値と景観を生み出せると判断した。資金調達には環境面などの情報に基づくESGファイナンスの利用を視野に入れている。
両社は資源循環や木材利用を巡るノウハウ、技術力を駆使する。三井不グループで木材利用の建物の施工実績が豊富な三井ホームや三井ホームコンポーネントなどと連携する。燃エンウッドは耐火構造認定を受けている。断熱、吸熱の効果が大きく、表面を耐火のために被覆せずに柱や梁に木材を使えるようになる。
計画地は東京都中央区日本橋本町1の3。三井不動産は日本橋を重点戦略エリアに位置付けている。用途は事務所、店舗、駐車場など。オフィス基準階の専有面積は約1000平方メートル。ハイブリッド木造と呼ぶ構造を想定。床や仕上げにも木材を積極的に活用する。三井不が建築主、竹中工務店は設計予定者。竣工は25年を計画している。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

ゆいの森あらかわ(荒川区)に吉村昭記念文学館や図書館

荒川二丁目に文化複合施設 荒川区に、中央図書館、吉村昭記念文学館、子ども施設が一体となった「ゆいの森あらかわ」が建設中。 荒川図書館の建替えに伴う新たな図書館として、約60万冊の蔵書や約800席と、荒 …

中野区新庁舎、体育館跡に23年夏以降に移転

中野体育館跡地に区役所移転 中野区は新庁舎デザインを発表。地下2階地上11階建て延べ4万2460平方メートルで、21年4月の着工、23年8月の完成予定。中野体育館を解体し移転新築する。 10〜11階に …

銀座に日本版ハイレーン構想、高速道を遊歩道公園に

高速道路を遊歩道化に 東京都中央区は銀座エリアの首都高速道路KK線の遊歩道化計画を発表した。KK線は全長約2キロで、八重洲と新橋などを結ぶ。 ニューヨークには、ハイラインという貨物線跡の高架約2キロを …

京急が品川駅西口に再開発ビル、30年完成を目指す

シナガワグース跡地に建設、30年完成へ 品川駅西口地区の現シナガワグース敷地で、国際交流拠点・品川にふさわしい複合施設に、国内外のグローバル企業や国際水準の会議・ホテル誘致を目指す。 所在地 東京都港 …

中野駅と中野サンプラザ(中野区)一帯を再開発、アリーナやホテル、商業施設の駅ビルも

中野駅ビルを建て替え、モデルは大井町か JR中野駅ビルをホーム上を大きく跨ぐように建て替える。キーテナントにはアトレを誘致する計画。また、サンプリング中野など中野駅周辺を一体的に再開発。オフィス、ホテ …