東京の再開発

東京23区内にナショナルアリーナ建設、Bリーグの聖地に

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

1万5000人収容の大型アリーナ

日本バスケットボール協会などが、東京都23区内に1万5000人前後を収容できる「ナショナルアリーナ」の建設を検討。

日本代表戦やBリーグ・Wリーグのプレーオフ、全国高校選手権などの会場に使い、「バスケの聖地」に位置付ける。Bリーグ創設10年となる2026年までの完成を目指す。

建設予定地は未定。

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

有明に大型商業施設や劇団四季の劇場、ホテルなど整備

住友不動産が再開発 東京都江東区の有明北地区の「有明ガーデン」の概要を発表。開発面積は約10・7ヘクタール。 約200店が入居する大型商業施設や約8000人収容のホール、劇団四季のライオンキングを上演 …

東急が渋谷桜丘にオフィス・商業の複合施設が2023年オープン

渋谷駅桜丘口地区再開発 渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合と東急不動産は2023年度、「渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業」のオフィス・商業・住宅の複合施設をオープンすると発表した。 中・高層部にハ …

JR中野駅南口にツインタワー、22年12月完成

タワーマンションとオフィスビル JR中野駅前に高さ約145メートルのタワーマンションと約120メートルのオフィスビルを建設。2019年10月着工、22年12月に完成予定。 地上37階建てのタワーマンシ …

浜松町駅前の世界貿易センターを解体し、跡地を再開発へ

浜松町二丁目4地区A街区再開発 東京都港区のJR浜松町駅西口で計画されている世界貿易センタービルの建て替えを中心とする大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」。 街区全体で総延べ28万7985平方メート …

東京駅前に日本一高い61階建て超高層ビル、三菱地所が建設し2027年完成

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …