東京の再開発

東急が渋谷桜丘にオフィス・商業の複合施設が2023年オープン

投稿日:2018年11月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

渋谷駅桜丘口地区再開発

渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合と東急不動産は2023年度、「渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業」のオフィス・商業・住宅の複合施設をオープンすると発表した。

中・高層部にハイグレードオフィス、低層部にまちの賑わいを創出する商業施設、渋谷駅至近となる住宅棟などを計画。

商業・業務・居住機能、国際医療施設、サービスアパートメント、子育て支援施設、起業支援施設を導入予定。

【A街区概要】
用途:事務所、店舗、起業支援施設、駐車場など
敷地面積:約8073m2
延床面積:約18万4800m2
階数:地上39階、地下4階
高さ:約179m【B街区概要】
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場など
敷地面積:約8479m2
延床面積:約6万9200m2
階数:地上29階、地下2階
高さ:約133m

【C街区概要】
用途:教会など
敷地面積:約418m2
延床面積:約830m2
階数:地上4階
高さ:約17m

MAP




-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

中野駅と中野サンプラザ(中野区)一帯を再開発、アリーナやホテル、商業施設の駅ビルも

中野駅ビルを建て替え、モデルは大井町か JR中野駅ビルをホーム上を大きく跨ぐように建て替える。キーテナントにはアトレを誘致する計画。また、サンプリング中野など中野駅周辺を一体的に再開発。オフィス、ホテ …

板橋駅板橋口地区再開発、高層マンションや商業施設、コワーキングも

JR板橋駅前に35階建てマンション 地下3階地上35階建てで、低層階に商業施設、高層階にはマンションが入荷する。そのほか子育て支援施設、コワーキングスペース、交流スタジオも併設する。開発は野村不動産。 …

赤坂で三菱地所が再開発、TBSとエンタテインメント・シティ構想

三菱地所と TBS が「国際新赤坂ビル」の共同建替え 建て替えは東京都港区赤坂2、6丁目の国際新赤坂ビルと西館。 TBS 本社・劇場・ホール・赤坂サカス等も含めたエンタティメントシティ構想として一帯開 …

東急目黒線が2022年から8両化に、相鉄・新横浜線直通に伴い

東急目黒線・埼玉高速鉄道など8両化に 目黒線では2022年度上期から順次、8両化される。日吉駅で目黒線、東横線から接続し、相模鉄道(相鉄)の相鉄・東急直通線(相鉄新横浜線西谷~新横浜間)へ直通する東急 …

JR品川車両基地跡地に、超高層ビル群を建設

品川車両基地跡地の再開発 JR品川新駅前に超高層ビル群を建設。高級マンションやホテル、コンベンション、文化ホールなど集約。 1街区:地上45階、地下3階、高さ約173m、延べ149,000㎡ 国際水準 …