東京の再開発

神宮球場と秩父宮ラグビー場を建て替え、31年完成

投稿日:2019年2月23日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

神宮球場と秩父宮ラグビー場の入れ替え

老朽化に伴って神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を入れ替える。2031年の完成を目指し21年に着工する。

工事期間中はプロ野球もラグビーも開催できるようにする。

第1期・神宮第2球場を解体し、跡地に新ラグビー場を造る
第2期・現在の秩父宮ラグビー場を取り壊し、跡地に新野球場を造る。
第3期・現在の神宮球場を壊し、ラグビー場の客席の増設。広場と商業ビル建設。

ラグビー場や野球場を建て替え

ラグビー場棟(地下1階地上6階建て延べ3万1000平方メートル)

複合棟A(地下2階地上40階塔屋1階建て延べ13万2000平方メートル)

複合棟B(地上16階塔屋1階建て延べ2万6000平方メートル)宿泊施設やスポーツ関連施設

ホテル棟(7階建て延べ1万3000平方メートル)

野球場棟・球場併設ホテル棟(地下1階地上15階建て延べ11万6000平方メートル)

事務所棟(地下4階地上38階建て延べ20万9000平方メートル)

並木東棟(同2階建て延べ4000平方メートル)商業施設

エリア全体で、1160台分の駐車場を整備。




-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

横浜みなとみらいと新港ふ頭間にロープウェイ、20年度開通

横浜に都市型ロープウェイ 遊園地などを手がける泉陽興業が、みなとみらい21地区(横浜市西区)の桜木町駅前広場と新港ふ頭を結ぶ延長約630メートルのロープウエーを建設。 20年度に完了し、東京五輪期間中 …

東急東横店が2020年3月で閉店、スクランブルスクエアの第2期建設へ

渋谷駅再開発にともない閉店 東急百貨店は、渋谷駅で運営する東急東横店の営業を2020年3月31日で終了。 地下1階で営業する食品売り場「東急フードショー」など一部は営業を継続するが、1934年に開業し …

新国立競技場が2020年東京五輪メイン会場、8万人収容の巨大スタンド

隈研吾デザインによる新国立競技場 2020年開催が決まった東京オリンピックのメイン会場に隈研吾氏デザインによる新国立競技場。8万人収容規模のスタジアムとなり、オリンピック使用後はJリーグなどの試合が可 …

ホテルオークラ(虎ノ門)が建て替え、2019年春に開業へ

虎ノ門のホテルオークラが建て替え 高層化するホテルオークラは、地上5階~22階(地上8階~25階)は、オフィスビルとホテルからなる2棟のビルに建て替える。 ホテルオークラMAP No related …

新宿駅

JR新宿駅の東西を結ぶデッキと空中広場を建設、30年以降に完成へ

新宿駅グランドターミナル化計画 東京都は、新宿駅と駅周辺の再整備のイメージ図を公表。老朽化した駅ビルの建て替えを機に、移動しやすくなるように大規模に整備する方針。 デッキと東西の駅前広場は都が土地区画 …