東京の再開発 鉄道路線計画

東急目黒線が2022年から8両化に、相鉄・新横浜線直通に伴い

投稿日:2019年3月27日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東急目黒線・埼玉高速鉄道など8両化に

目黒線では2022年度上期から順次、8両化される。日吉駅で目黒線、東横線から接続し、相模鉄道(相鉄)の相鉄・東急直通線(相鉄新横浜線西谷~新横浜間)へ直通する東急新横浜線(新横浜~日吉間)が開業する2022年度下期までに、3020系を含む目黒線用東急車がすべて8両化される計画。これに伴ない、目黒線全13駅では2両分のホームドア延伸工事が実施される。

また埼玉高速鉄道も8両化に対応し、浦和美園駅なども改良される。

2019年秋に目黒線が新型車両

目黒線(目黒~田園調布~日吉間)に新型車両3020系を秋から投入する。

3020系は6両編成3本が投入され、田園都市線の2020系、大井町線の6020系と同じく、空気清浄機やハイバック仕様の高い背もたれの座席を採用。車内はドア上には多言語対応のデジタルサイネージを搭載し、ニュースや天気予報などの情報を表示。防犯カメラやフリースペースも設置される。

-東京の再開発, 鉄道路線計画
-,

執筆者:

関連記事

東急東横店が2020年3月で閉店、スクランブルスクエアの第2期建設へ

渋谷駅再開発にともない閉店 東急百貨店は、渋谷駅で運営する東急東横店の営業を2020年3月31日で終了。 地下1階で営業する食品売り場「東急フードショー」など一部は営業を継続するが、1934年に開業し …

帝国ホテルが建て替え、2036年完成予定

新本館のデザイン発表 帝国ホテルは、2036年に完成予定の帝国ホテル 東京 新本館の外観デザインを発表した。コンセプトは「東洋の宝石」とし、フランス在住の建築家 田根剛氏のデザイン案を採用する。 建て …

内幸町エリア再開発、帝国ホテルなどの跡地に超高層ビル

北地区(約2・4ヘクタール) 事業者は帝国ホテルと三井不動産。 I期工事として24年度から「帝国ホテルタワー」を解体。オフィスや宿泊施設が入る「ノースタワー」(地下4階地上46階建て、高さ約230メー …

多摩都市モノレール町田延伸

多摩センター〜町田間延伸 2020年延伸ルート案が決まった。 多摩センター〜小野路〜野津田公園〜並木〜図師大橋〜日大三高〜下小山田〜小山田桜台〜桜美林学園〜忠生〜木曽山崎団地〜市民病院〜旭町体育館〜町 …

渋谷ヒカリエ北側に、地上33階の宮益坂地区再開発

宮益坂地区で再開発 「宮益坂地区市街地再開発準備組合」が計画する再開発事業は、JR渋谷駅東口付近を「A街区、B街区、C街区」に分け、総延床面積約200,800㎡の再開発ビルを建設します。 「宮益坂地区 …