東京の再開発

渋谷駅「スクランブルスクエア」、屋外展望台がある超高層ビルに!埼京線や銀座線ホームも移転

投稿日:2017年1月8日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに

もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。

東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で延床面積が約276,000平方メートルとなる。地上47階、高さ約230mからなる東棟の屋上に屋外展望台も設置される。

東西駅前広場をつなぐ自由通路や、渋谷駅街区と宮益坂上方面、道玄坂上方面をつなぐスカイデッキの整備も進める。

渋谷スクラングルスクエアの名称に決定

2019年度に開業予定の第I期(東棟)は、高さ約230メートル・地上47階建で、高層部 にはハイグレードオフィス、中低層部には大規模商業施設。

商業施設は11月1日オープン

地下2階~地上14階の3万2000平方メートルに212ショップがオープンする。

「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」「ティファニー(TIFFANY & CO.)」「サカイ(SACAI)」「ユナイテッドアローズ」「トゥモローランド」「ジャーナルスタンダード」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ブルガリ(BVLGARI)」「ケンゾー(KENZO)」「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」が出店。

地下2階のフードと5階のファッション、6階のビューティは東急百貨店がテナントとして運営する。開業日は11月1日。

ビューティフロアは、3階に「ディオール(DIOR)」バックステージが出店するほか、6階にはエリア初登場のプレミアムオーガニックケアブランド「イトリン(ITRIM)」、カリフォルニア発のコスメブランド「トゥー フェイスド(TOO FACED)」「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」が出店。また「シャネル(CHANEL)」や「M・A・C」「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」のほか、パリ発フレグランスブランドの「ディプティック(DIPTYQUE)」「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」

東急百貨店運営の5階のファッションフロアには「コーチ(COACH)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」「ロンシャン(LONGCHAMP)」「ヴァンドーム青山」「フルラ(FURLA)」など雑貨やアクセサリーをカテゴリーごとに集積した編集売り場になる。

mixi、サイバーエージェントが本社移転

オフィスは、総賃貸面積約73,000m²のハイグレードオフィスで、基準階(最大約870坪)は渋谷最大級の広さを 誇り、全フロアから都心の眺望。商業施設は、地下2階~地上14階の都市型商業施設。

ミクシィ、レバレジーズ(24階・25階)、サイバーエージェント(5フロア)、WeWork(ウィーワーク)の国内最大拠点(5フロア)、ロッキンオン(19階)、アイエヌジー生命保険(42階・43階・44階の一部)が入居。

第I期(東棟)の売場面積は約30,000m²で、 2027年度予定の第II期(中央棟・西棟)の完成時には合計で約70,000m²となる大規模商業施設となる。最上部には屋外展望施設、中層部には産業交流施設を備える。

WeWorkが渋谷に大型拠点

国内で最大規模の拠点「WeWork Shibuya Scramble Square(WeWork 渋谷スクランブルスクエア)」をオープン予定で、5フロアに約3500個のデスクや、会議室、会員制のカフェなどが入居する。

屋上展望「渋谷スカイ」

スクランブル交差点や、富士山、東京スカイツリー など、360°一望できる。また雨天でも楽しめる屋内展望施設(約3,000㎡)も。

産業交流施設 (15階)渋谷キューズ

東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京都市大学の5大学と連携。200人収容できるイベントスペース。

JR埼京線ホームを移転

渋谷駅南口には慣れているJR埼京線(湘南新宿ライン)のホームを山手線ホームと並行するように移転する。

地下鉄銀座線ホームを移転

地下鉄銀座線のホームを現在の山手線上から渋谷ヒカリエ側に移転する。

銀座線のホームの上部は歩行者通路に

-東京の再開発
-, , , ,

執筆者:

関連記事

東京駅前に日本一高い61階建て超高層ビル、三菱地所が建設し2027年完成

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …

内幸町エリアで大規模再開発、超高層ビル化に着手

東京電力、みずほ銀行、帝国ホテル一帯を再開発 2020年の東京五輪以降に、内幸町エリアで大規模な再開発に着手。36年ごろに完成を目指す。 NTT日比谷ビルエリア 46階建のオフィス、店舗の複合ビル。2 …

宮下公園(渋谷区)を東京五輪までにホテルやカフェ、ランニングステーションなど整備

東京五輪に向けて宮下公園を整備 渋谷区が、宮下公園と渋谷駐車場を緑の拠点として整備する計画の候補事業者に三井不動産を選出。2019年度中完成を予定。 3階建ての商業施設や宿泊施設で構成する⺠間施設を計 …

JR品川新駅は高輪ゲートウェイ駅に!デザインは隈研吾氏

2020年開業 JR東日本は、田町駅と品川駅の間に新設する「高輪ゲートウェイ駅」の概要を公表。山手線と京浜東北線の駅として、2020年春の暫定開業、24年の本開業を目指す。 デザインアーキテクトには、 …

新宿駅

JR新宿駅の東西を結ぶデッキと空中広場を建設、30年以降に完成へ

新宿駅グランドターミナル化計画 東京都は、新宿駅と駅周辺の再整備のイメージ図を公表。老朽化した駅ビルの建て替えを機に、移動しやすくなるように大規模に整備する方針。 デッキと東西の駅前広場は都が土地区画 …