東京の再開発

東京駅前(八重洲1丁目、2丁目)ブルガリホテルと大型バスセンターと小学校

投稿日:2017年1月8日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

八重洲1丁目東地区

東京建物は、東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業を発表。地下バスターミナルのほかオフィス、カンファレンス、病院などが入る計画。

建設予定地の現在の様子(2017年1月)

八重洲2丁目北地区

三井不動産は、東京駅前八重洲エリアにおいて最大級の敷地面積1.3haを超える開発事業を発表。オフィスや地下バスターミナル、ホテルからなる複合超高層ビルとなる。また低層階には中央区立小学校も入る。

地下4階地上46階塔屋1階建て延べ41万8000平方メートル。大部分をオフィスフロア(延べ31万1300平方メートル)が占め、その上の階層に外国人の中長期間の利用を想定した居住・滞在施設(延べ2万6000平方メートル)、地下にバスターミナル(延べ3900平方メートル)などを設ける。

「ブルガリ ホテル 東京」は、39階から45階まで入居。

低層部にはインターナショナルスクール(延べ9500平方メートル)を誘致。駐車場の収容台数は840台を想定している。

建設予定地の現在の様子(2017年1月)

八重洲再開発マップ

-東京の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

北青山の都営アパート跡地に高層ビル、サービス付き高齢者向け住宅や保育所、交流施設など

北青山三丁目再開発 東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポートが、北青山三丁目の都営住宅跡地に地上25階、地下1階、延床面積約35,737平方 …

中野区新庁舎、体育館跡に23年夏以降に移転

中野体育館跡地に区役所移転 中野区は新庁舎デザインを発表。地下2階地上11階建て延べ4万2460平方メートルで、21年4月の着工、23年8月の完成予定。中野体育館を解体し移転新築する。 10〜11階に …

首都圏(東京・横浜・埼玉)の鉄道計画路線

建設中の路線 東急新横浜線・相鉄新横浜線 2022年開業予定。横浜羽沢駅から新横浜駅を経由し、新綱島駅、日吉駅までの新路線。日吉から東急東横線・目黒線と直通運転。 相鉄・JR直通線 2019年開業予定 …

晴海ふ頭で「HARUMI FLAG」13haの大規模再開発

住宅と商業施設を開発 晴海で、約13haの広大な土地に、5632戸の分譲住宅・賃貸住宅と商業施設の合計で24棟を建築。 商業施設も街の中心施設としてつくる。敷地面積1万1355.86平方メートル、地上 …

武蔵野の森総合スポーツ(調布市)味スタ隣に東京五輪アリーナ

味の素スタジアム隣にアリーナ建設 味の素スタジアム(東京スタジアム)に隣接する場所に、総合スポーツ施設が建設。約4,800平方メートルのメインアリーナのほかにサブアリーナ、プール、トレーニングルームな …