東京の再開発

日本橋室町三丁目「COREDO室町テラス」に誠品生活など19年秋オープン

投稿日:2017年2月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

日本橋室町三丁目地区再開発

敷地面積11,480平方メートル、延床面積約168,000平方メートル、地上26階、地下3階建の大規模再開発。地上26階~5階にはオフィス、3階にはホール、2階~地下1階には商業施設、また、地上1階レベルには大規模な屋外広場空間を形成する。地下1階は、東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅、JR総武快速線「新日本橋」駅に直結。

 

台湾の「誠品生活」が進出

地下1階~地上2階の商業施設「COREDO室町テラス」は約6,000平方メートルのフロアに、日本初出店「誠品生活」など約30店舗。

「誠品生活」は書籍ゾーン、文具・雑貨ゾーン、ライフスタイル体験型のセレクト物販・ ワークショップゾーン、そしてレストラン・食物販ゾーンで構成され、蔦屋書店のモデルとも言われている。

日本橋室町三丁目MAP

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

新宿駅

JR新宿駅の東西を結ぶデッキと空中広場を建設、30年以降に完成へ

新宿駅グランドターミナル化計画 東京都は、新宿駅と駅周辺の再整備のイメージ図を公表。老朽化した駅ビルの建て替えを機に、移動しやすくなるように大規模に整備する方針。 デッキと東西の駅前広場は都が土地区画 …

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

品川駅西口再開発 国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。 京急電鉄案 京急電鉄は、国際交流拠点 …

銀座から臨海まで地下鉄新線構想、2040年度完成目指す

築地市場跡地ルートで地下鉄新線 銀座エリアに新駅をつくり、新築地、勝どき・晴海、新市場、国際展示場まで目指す。計画段階だが、2040年度の完成を目指してるという。完成すると銀座から国際展示場まで約10 …

虎ノ門ヒルズ駅と一体化した再開発

49階建てビルが虎ノ門ヒルズ隣接地に建設 東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の整備と一体となって、周辺の広場空間と立体的に連続する広場を整備。 所在地-東京都港区虎ノ門一丁目208番1 他 A …

浜松町駅前の世界貿易センターを解体し、跡地を再開発へ

浜松町二丁目4地区A街区再開発 東京都港区のJR浜松町駅西口で計画されている世界貿易センタービルの建て替えを中心とする大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」。 街区全体で総延べ28万7985平方メート …