東京の再開発

日本橋室町三丁目「COREDO室町テラス」に誠品生活など19年秋オープン

投稿日:2017年2月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

日本橋室町三丁目地区再開発

敷地面積11,480平方メートル、延床面積約168,000平方メートル、地上26階、地下3階建の大規模再開発。地上26階~5階にはオフィス、3階にはホール、2階~地下1階には商業施設、また、地上1階レベルには大規模な屋外広場空間を形成する。地下1階は、東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅、JR総武快速線「新日本橋」駅に直結。

 

台湾の「誠品生活」が進出

地下1階~地上2階の商業施設「COREDO室町テラス」は約6,000平方メートルのフロアに、日本初出店「誠品生活」など約30店舗。

「誠品生活」は書籍ゾーン、文具・雑貨ゾーン、ライフスタイル体験型のセレクト物販・ ワークショップゾーン、そしてレストラン・食物販ゾーンで構成され、蔦屋書店のモデルとも言われている。

日本橋室町三丁目MAP

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

日本橋に国内最大の17階建の木造オフィスビル

地上17階建の木造ビル 三井不動産と竹中工務店は29日、東京・日本橋に木造建築として国内最大規模で最高層となる賃貸オフィスビルを新設するため、検討を始めたと発表した。規模は地上17階建て延べ約2万60 …

板橋駅板橋口地区再開発、高層マンションや商業施設、コワーキングも

JR板橋駅前に35階建てマンション 地下3階地上35階建てで、低層階に商業施設、高層階にはマンションが入荷する。そのほか子育て支援施設、コワーキングスペース、交流スタジオも併設する。開発は野村不動産。 …

京王とJR東日本が新宿駅西南口地区を再開発

甲州街道を挟んで再開発 2023年度から工事を開始し、南街区の工期は2023年度~2028年度、北街区は2040年代となっている。 更新期を迎えた駅ビルの建て替えを契機として、敷地の整序を行いながら駅 …

五反田ゆうぽうと跡地に21階建オフィスとホテル、シェアオフィス も

日本郵政不動産が自社で再開発 日本郵政グループの「日本郵政不動産」は五反田の「ゆうぽうと」跡地に、 地上21階、地下3階、高さ 約100m、延床面積約68,000㎡の超高層複合ビルを建設。 &nbsp …

八重洲ブックセンター跡に45階建ての超高層ビル

八重洲ブックセンター跡地に45階建てビル (仮称)八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業は、地上45階、塔屋2階、地下4階、高さ約240mの巨大な超高層複合ビルが建設されます。2018年12月3日に …