東京の再開発

宮下公園(渋谷区)を東京五輪までにホテルやカフェ、ランニングステーションなど整備

投稿日:2017年1月4日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東京五輪に向けて宮下公園を整備

渋谷区が、宮下公園と渋谷駐車場を緑の拠点として整備する計画の候補事業者に三井不動産を選出。2019年度中完成を予定。名称はMIYASHITA PARK。

3階建ての商業施設や宿泊施設で構成する⺠間施設を計画。243台以上を収容する駐車場を整備。カフェやランニングステーション、多目的広場等の併設。

ビーチコートの大きさは27×15メートルで、バレーやサッカーなどのビーチスポーツのほか、幼稚園児の砂場遊びなどでの活用を見込む。また、ボルダリングウオールとスケートボード場も設ける。利用方法は今後詰める。

商業棟は、南街区が1階~4階(1万5922平方メートル)で2階に駐輪場(1404平方メートル)を整備。北街区は1階~3階(1万649平方メートル、地下駐車場階を除く)。ホテル棟は4~18階に240室が入る予定。駐車台数は、南街区=97台、北街区=278台(うち243台が都市計画駐車場)の計375台を用意する。

宮下公園MAP

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

豊島区庁舎跡地にシネコンと劇場など8つのホール「ハレザ池袋」

豊島区庁舎跡に文化複合施設 東京建物、サンケイビルは、豊島区庁舎跡地と豊島公会堂跡地において事業を進めている「Hareza(ハレザ)池袋」を着工。 A敷地の豊島区庁舎跡地には超高層ビル(オフィス棟)の …

渋谷駅「スクランブルスクエア」、屋外展望台がある超高層ビルに!埼京線や銀座線ホームも移転

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。 東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で …

羽田空港跡に、羽田イノベーションシティ20年夏に開業

羽田イノベーションシティに名称決定 2020年夏頃開業予定の複合施設名称が「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」に決定。 羽田空港跡地第1ゾーン再開発 京浜急行電 …

首都圏(東京・横浜・埼玉)の鉄道計画路線

建設中の路線 東急新横浜線・相鉄新横浜線 2022年開業予定。横浜羽沢駅から新横浜駅を経由し、新綱島駅、日吉駅までの新路線。日吉から東急東横線・目黒線と直通運転。 相鉄・JR直通線 2019年開業予定 …

京急が品川駅西口に再開発ビル、30年完成を目指す

シナガワグース跡地に建設、30年完成へ 品川駅西口地区の現シナガワグース敷地で、国際交流拠点・品川にふさわしい複合施設に、国内外のグローバル企業や国際水準の会議・ホテル誘致を目指す。 所在地 東京都港 …