西日本の再開発

天神ビジネスセンター(福岡市)九州最大級のオフィスビルが2020年に誕生

投稿日:2017年1月6日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

天神ビジネスセンター概要

福岡市は天神地区の再開発「天神ビッグバン」の第1弾、地上16階建てのオフィスビル「天神ビジネスセンター(仮称)」の概要を発表。

福岡県久留米市出身で米ニューヨークを拠点に活動する建築家重松象平氏(43)のデザインを採用。2020年度の完成予定。

天神ビジネスセンターは、地場大手開発業者の福岡地所(福岡市)が計画。市中心部を通る明治通り沿いにある福岡ビルの東隣約3900平方メートルに建設される。地上16階(高さ約76メートル)、地下2階で、延べ床面積約6万250平方メートル。低層階の一部には店舗も入居する。地下2階で市営地下鉄天神駅や新たに整備する地下通路と直結。

天神ビジネスセンターMAP

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

ノリタケの森プロジェクト、イオンがオフィス複合の商業施設建設

イオンモールは1月31日、名古屋市西区でオフィス・商業複合施設 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」の建築工事を着工したと発表した。 同プロジェクトは、新たな国内需要の発掘を実現する施策として、これま …

岡山市本庁舎の建て替えは「岡山城」をイメージ

26年度完成目指す 岡山新庁舎は、地上15階、地下2階で、「岡山城」をモチーフにしており、各階にひさしを設けて天守閣の屋根の重なり合うデザイン。建物北側は城郭のような段々状の広場とし、イベントなどに活 …

博多都ホテルが建替えで200室の大型ホテルに、屋上から滝が流れる温泉スパも

博多都ホテルを建替え 近鉄不動産と近鉄・都ホテルズは、福岡市博多区の博多都ホテル建替えを発表。 壁面や最上階に水が流れ落ちる滝や緑が目玉。客室数約200室、最上階はレストランや屋外温泉スパ・屋内浴場な …

ジャパネットが長崎に新スタジアム、ホテルなど2023年完成予定

ジャパネットが三菱重工長崎で再開発 三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地(長崎市)で、優先交渉権を獲得したジャパネットホールディングスらが再開発に着手する。 JリーグクラブのV・ファーレン長崎の新しいサッ …

大阪うめきた2期は、三菱地所などによる超高層ビルや公園

2024年にうめきた2期エリア完成 北街区は、ホテル、イノベーション施設、プラットフォーム施設、オフィス、商業施設、分譲住宅、駐車場。 南街区は、オフィス、ホテル、商業施設、都市型スパ、MICE施設、 …