西日本の再開発

三菱地所、天神IMS跡に20階建オフィス、エースホテルが26年12月完成

投稿日:2022年8月30日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

IMS跡にオフィスビル

三菱地所は、昨年8月末に閉館した福岡市・天神の複合商業施設「イムズ」の後継となる新ビルの概要を発表した。同市が進める再開発促進事業「天神ビッグバン」の規制緩和認定を受けた高さ91メートルの複合ビルで、地上20階、地下4階建て。外装に九州産の木材を全面配置し、低層部の植栽と合わせて自然との共生を打ち出す。

エースホテルが福岡進出

新ビルの延べ床面積は約7万4千平方メートル。イムズは商業中心の施設だったが、新ビルは中層部分がオフィスフロアとなる。1~3階の一部と上層階にエースホテルが入り、1~2階の一部と地下1~2階が商業フロアとなる。地上部分には約500平方メートルの広場も整備する。  三菱地所によると、来年7月に着工し、2026年3月の完成を予定。同社は「ランドマーク性の高いデザインを実現する」としている。

エースホテル福岡

三菱地所と米エースグループインターナショナルは「エースホテル福岡」を出店すると発表した。当初2023年7月としていた着工は24年5月に見直し、26年12月完成予定。ホテル開業は27年を予定している。

三菱地所によると、再開発ビルは地上21階、地下4階で、延べ床面積は約7万4000平方メートル。ホテルは1~3階と16~20階で、客室数は192室。担当者は「地域に開かれた新しい滞在・交流空間の提供など再開発計画の方向性と合致した」と話した。エースホテルは米国発のホテルブランド。日本では20年にオープンしたエースホテル京都(京都)に続き、福岡は2施設目となる。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

兵庫県庁舎デザイン『 グリーンフロント』に隈研吾氏

隈研吾さんがデザイン 1号館跡地に1、2号館を集約した行政棟を建て、2号館跡地には高級ホテルや商業施設を誘致し、新たな県民会館を整備する計画。 新庁舎となる行政棟は2025年度中、その他の施設は30年 …

愛知県新体育館の基本計画発表!1万5000人収容アリーナ

25年春完成予定 愛知県、新体育館の基本計画を公表。 名古屋市北区の名城公園北園に4階建て延べ約4万3000平方メートル、高さ約31メートルの新アリーナを建設する。大相撲名古屋場所や各種国際大会の会場 …

天神ビジネスセンターの南側に18階建て新ビル

福岡市役所北別館とMMT跡に18階ビル 新ビルは敷地面積が約4000平方メートル、地下2階地上18階建てと、21年に完成した天神ビジネスセンターとほぼ同じ規模になる。商業施設とオフィスが入る予定だ。2 …

名古屋市国際展示場(金城ふ頭)に1万5000人収容アリーナ

金城ふ頭に国際展示場 名古屋市の金城ふ頭に、約2万平方メートルの無柱空間展示場などが入る3階建て延べ3万9928平方メートルの施設を計画。スポーツ・コンサートにも対応可能。供用開始は22年10月の予定 …

ジャパネットたかたが長崎にスタジアムシティ建設、24年春開業

三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地にサッカースタジアム 通信販売大手のジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)は21日、「長崎スタジアムシティプロジェクト」の実施設計・施工一括発注の競争見積 …