西日本の再開発

天神ビックバン計画・福岡ビル建替え、24年春開業

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

福岡ビル、天神コア、ビブレ天神地区を再開発

福ビル街区(福岡ビル、天神コアビル、天神第一名店ビル〈ビブレ〉を含む街区)の一体的な再開発プロジェクトで、福岡ビルと天神コアビルを建て替える第1期事業は、2024年春の開業を目指し、 2019年4月以降の解体工事着工を予定しています。プロジェクトのコンセプトは「創造交差点」。アジアゲートウェイ、職住近接というエリアの特徴を活かし、常に新しいビジネスと文化を生み出す交流の場を整備する計画。

再開発ビルは、商業(B2~4F)・オフィス(8~17F)・ホテル(18・19F)となる延床面積約30,000坪の大規模複合施設。5・6Fに九州最大規模となるスカイロビーを設け、オフィスエントランス、ホテルロビー、カンファレンス、カフェ、コワーキングスペース等を配置し、オフィス関連だけではなく、多様な人々が訪れて偶発的な出会いが生まれる場所となることを目指します。また、ワンフロア約900坪の大規模無柱空間となるオフィスは、グローバル企業のニーズに対応できるよう、耐震性能、BCP対策、セキュリティ対策、環境配慮においても最高水準のスペックを予定。グローバル企業や多様な働き方に対応したオフィスサポート機能の導入も計画している。

外装デザインは、世界的な建築設計事務所、KPFが担当。和の伝統を取り入れたフレームデザインに、西鉄電車のレールをイメージした鉄の素材感を活かし、緑化を多用したシンボリックな外観は、天神・福岡の新たなランドマークとして街のブランド向上にも貢献します。また、天神明治通り街づくり協議会では、2009年に「アジアで最も創造的なビジネス街を目指す」とグランドデザインに掲げており、本プロジェクトにおいてもこのビジョンの実現に資する開発に取り組んでいきます。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

JR鹿児島中央駅前に大型商業施設が21年春以降に開業

三菱地所が鹿児島中心駅前に24階建マンション 地上24階、地下1階、高さ101.00m、延床面積47,310.41㎡。 1〜7階に商業施設が入居する。高層階のマンションは、210戸の住居が入り名称は「 …

JR新長崎駅ビル、23年秋にマリオットホテルなどと一体開業

マリオットが長崎進出、JRが運営 2022年秋の九州新幹線西九州(長崎)ルートの暫定開業を見据え、JR九州は新長崎駅ビルについて、ホテルの開業を2年ほど前倒しし、23年秋に商業フロアと同時開業する。 …

淀屋橋駅東地区(大阪市)に150メートル超高層ビルと商業施設

御堂筋通り沿いに超高層ビル 日本土地建物と京阪ホールディングスは「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の概要を発表。 日土地淀屋橋ビルと京阪御堂筋ビルの両敷地を一体化し、共同で建て替える計画。2020年既存建 …

大阪駅前の大阪中央郵便局跡にKITTE進出、22年春開業

大阪駅前にKITTE進出 地上40階、地下3階、高さ約188m、延床面積約229,000平方メートル。オフィス、商業施設、劇場、ホテルが入る。 MBSが新劇場も開設 新劇場は複合ビル内の西側中層部5~ …

大阪万博公園に1万5000人収容の大型アリーナ、25年度開業

2025年にアリーナ開業 大阪・吹田市の万博記念公園に、1万5千人以上が収容できるアリーナを整備する計画を大阪府が明らかにした。2025年までの開業を目指す。 場所は大阪モノレールの万博記念公園駅の南 …