西日本の再開発

福岡大名ガーデンシティ(天神ビックバン)旧大名小学校跡にリッツカールトン

投稿日:2021年9月19日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

大名小学校跡地にリッツカールトン

約1.0ヘクタールの敷地に、ホテル・オフィス棟(地上24階/高さ110m)、コミュニティ棟、公共施設、広場(約3,000㎡)、イベントホール等を配置する計画。ゲート(門)をイメージした外観の高層棟17~24階には、九州初出店となる高級ブランドホテル「ザ・リッツ・カールトン」が入り、50㎡以上の客室約160室を設置する予定で、本事業の目玉として早くも注目を集めています。5~16階は、ワンフロア約2,500㎡(約756坪)と福岡屈指の規模で、高いセキュリティ性能を備えたBCP対応のオフィスが整備され、グローバル企業の入居を想定したグレードを用意。1、2階の商業フロアには、福岡初、日本初の店舗のリーシングを予定しています。

また、コミュニティ棟では、2、3階にコワーキングスペースやシェアオフィスを配置し、既存の南校舎のスタートアップ支援施設(Fukuoka Growth Next)と連携。オフィス棟の企業とスタートアップとの出会いの機会創出効果も期待されます。スタートアップの交流イベントや、文化・芸術・国際交流のイベント等の場として、イベントホールも設置します。本事業が、天神ビッグバンを加速させ、福岡の都市機能強化とブランド向上の一助となるよう、プロジェクトを推進していきます。

-西日本の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

大阪・万博記念公園に大型アリーナ、27年開業

西日本最大級のアリーナ 日本万国博覧会記念公園(吹田市)の最寄りの同駅周辺に西日本最大級のアリーナ(延べ床面積6万9550平方メートル)や商業・カジュアルホテル棟、ホテル棟、オフィス棟、共同住宅の整備 …

名鉄名古屋駅

名鉄名古屋駅が南北400mの30階建ビルに再開発

名鉄が名古屋駅再開発 名鉄名古屋駅は、商業、オフィス、ホテル、レジデンスを中心とした再開発をおこなう。2022年度に工事着手、リニア中央新幹線開業時を目標に設定している。 名鉄名古屋駅 名鉄百貨店本館 …

イトーヨーカドー岡山跡地に両備が再開発、オフィスや商業施設、マンション

両備グループが商業施設、マンション、オフィス 「イトーヨーカドー岡山店」跡地を、超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年度の完成予定。 37階建てマンション、300戸 3階建て …

瑞穂陸上競技場(名古屋市)建て替えで3万席の屋根付きスタジアムに

2025年完成へ 名古屋市は2026年のアジア大会で、メイン会場となる新しい瑞穂陸上競技場の整備について、競争入札の結果、竹中工務店を代表企業とするグループが落札したと発表。 落札金額は現在のパロマ瑞 …

宝塚ホテル、宝塚大劇場の隣に移転し2020年開業

宝塚ホテルが移転 5階建て、200室の客室。宝塚歌劇団のディナーショーもできる大宴会場のほか、中・小宴会場、カフェレストラン&バイキング、日本料理や鉄板焼の店も出店される。2020年に宝塚大劇場の隣に …