西日本の再開発

FC今治『里山スタジアムプロジェクト』23年春完成予定

投稿日:2021年2月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

FC今治がサッカー専用スタジアム建設

新スタジアムプロジェクトのコンセプトは「里山スタジアム」。サッカースタジアムを核に、地域とヒトをつなぎ、人々の感性を呼びおこす、次世代の文化・交流拠点を目指します。ヒト、モノ、コトが集積し、自然・景観と共生しながら、今治の魅力を再発見するみんなの居場所づくり、また、人々のリアルな交流や感動を生みだし、子どもからお年寄りまで多世代に渡って、訪れる人々を元気にする新スタジアムを核とした地方創生に取り組んでまいります。

【里山スタジアム】は、365日の賑わいを創出する仕掛けをふんだんに盛り込みました。サッカーの試合日は、お祭りのようなワクワク感を演出する「里山」空間に加えて、臨場感あるピッチに近い観戦環境、VIPルームや多様な観戦環境を生み出す「里山ボックス」、スマートテクノロジーの導入など、試合をより楽しんでいただける最先端のサッカースタジアムとします。

収容人数

6,000人の座席数で建設し、J2・J1のリーグ規定に応じた1万から1万5000席への増設を可能にする予定。それまではそのスペースに特別観覧席や店舗などになるコンテナを並べる。

また、周辺施設としてマルシェやフードフェスを開ける広場やアート作品が並ぶ空間、さらに農地などを整備する計画。

これまで使用している『 ありがとうサービス.夢スタジアム 』は、トップチームのトレーニング、練習試合、レディース、アカデミーの選手が利用する予定としている。

所在地:愛媛県今治市高橋ふれあいの丘
用途:サッカースタジアムなど
敷地面積:約48,500㎡
事業主:株式会社今治. 夢ビレッジ
基本・実施設計者:株式会社梓設計
ランドスケープデザイン協力:高野ランドスケーププランニング株式会社
施工者:りんかい日産建設株式会社、四国通建株式会社

今後のスケジュール(予定)
2021年3月                          基本設計完了
2021年4月〜2021年10月     実施設計
2021年11月                        着工
2023年1月                        竣工
2023年2月                         供用開始

-西日本の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

阪急三宮駅前に29階建のホテル、オフィス、2021年春開業

阪急が三宮に駅ビルを建て替え 阪急電鉄が地上29階、地下3階の神戸阪急ビル東館を建設。ホテル、オフィス、商業施設等から構成され、このうちホテルは、阪急阪神ホテルズが展開している宿泊主体型ホテル「rem …

JR熊本駅直結のオフィスビル、22年冬に開業

JR九州が熊本駅前にオフィスビル JR九州は、JR熊本駅(熊本市)に直結するオフィスビルを開発すると発表。2020年冬の開業予定。 新ビル「熊本駅北ビル(仮称)」は、熊本駅の白川口駅前広場の北側に建設 …

福岡家裁跡地にインターコンチネンタルホテル&複合施設、2030年開業へ

インターコンチネンタル福岡進出 福岡市の福岡家庭裁判所跡地に外資系の高級ホテルを中心とする複合施設の開業予定があることがわかりました。 2018年の移転に伴い、福岡市の家庭裁判所跡地は再開発の対象とな …

大阪メトロが、大阪万博に向けて夢洲駅プロジェクトを発表

未来都市のような夢洲駅 大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は夢洲駅周辺開発への参画構想を明らかにした。 総額595億円をかけて御堂筋線の9駅、中央線の6駅のリニューアルを2024年度までに完 …

ノリタケの森プロジェクト、イオンがオフィス複合の商業施設建設

イオンモールは1月31日、名古屋市西区でオフィス・商業複合施設 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」の建築工事を着工したと発表した。 同プロジェクトは、新たな国内需要の発掘を実現する施策として、これま …