西日本の再開発

福岡家裁跡地にインターコンチネンタルホテル&複合施設、2030年開業へ

投稿日:2024年1月18日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

インターコンチネンタル福岡進出

福岡市の福岡家庭裁判所跡地に外資系の高級ホテルを中心とする複合施設の開業予定があることがわかりました。 2018年の移転に伴い、福岡市の家庭裁判所跡地は再開発の対象となっていて、福岡財務支局は競争入札の結果、西鉄などでつくる企業グループが落札したと発表。

グループでは、外資系高級ホテル「インターコンチネンタルホテル&リゾーツ」を中心とする複合施設の開業を目指す。 施設の建物は、地下1階、地上23階で、4階から9階までがホテル、2階から3階がオフィス、10階以上が住宅になる。開業は2030年の予定。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

福岡市のアイランドシティに西日本最大級アリーナ建設、5000人収容可能

西日本最大級のアリーナを建設 福岡市東区のアイランドシティに2018年12月、西日本最大級のアリーナ(室内競技場)を開館させる。地上4階建で延べ面積2万4666平方メートル。メインアリーナは3703平 …

イトーヨーカドー岡山跡地に両備が再開発、オフィスや商業施設、マンション

両備グループが商業施設、マンション、オフィス 「イトーヨーカドー岡山店」跡地を、超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年度の完成予定。 37階建てマンション、300戸 3階建て …

FC今治『里山スタジアムプロジェクト』23年春完成予定

FC今治がサッカー専用スタジアム建設 新スタジアムプロジェクトのコンセプトは「里山スタジアム」。サッカースタジアムを核に、地域とヒトをつなぎ、人々の感性を呼びおこす、次世代の文化・交流拠点を目指します …

沖縄の那覇空港近くに、DMM水族館がある大型商業施設

DMM水族館など入居 地上4階建て、敷地面積7万1499平方メートル、総延床面積13万5000平方メートルで、2020年4月のオープンを予定 水族館「DMMかりゆし水族館」やミニチュアテーマパーク、バ …

愛知体育館を隈研吾氏がデザイン、1万7000人収容のアリーナが25年夏開業

名城公園北園に新アリーナ 「名城公園北園」の一部で、メインアリーナとサブアリーナ、多目的ホールで構成。2025年夏のオープンを目指す。 外観デザインは、隈研吾氏デザインの「樹形アリーナ」。建築面積約2 …