東日本の再開発

MM21の60・61街区にホテル、ミュージアム、専門学校

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

事業者はケンコーポレーション

横浜市は5日、みなとみらい(MM)21中央地区60・61街区の開発事業予定者にケン・コーポレーションを代表とするグループを選定したと発表した。オフィスとホテル、ミュージアム、専門学校などが入る東西2棟の複合施設を建設する計画。2026年3月に着工し、西棟は28年8月、東棟は29年2月の竣工を目指す。

構成企業はSMLFみらいパートナーズ、鹿島、岩崎学園。市が23年4月から公募を行い、3件の提案があった。土地売却価格は220億4163万7695円(公募価格は214億4310万4440円)。所在地は西区みなとみらい6の2の1ほか。敷地面積は2万3131平方メートル。今後、基本計画協議などを進めながら、1年以内に土地売買契約を締結する予定。
提案によると東棟は地下1階地上27階建て塔屋1階延べ12万9325平方メートル、高さは約100メートル。用途はオフィス、ホテル、ミュージアム、商業施設。西棟は地下1階地上13階建て塔屋1階延べ2万5835平方メートル、高さは約64メートル。用途は専門学校。用途別に建物を分けることで生まれたオープンスペースを回廊やデッキでつなぎ、連続性や回遊性でにぎわいを演出する計画などが評価された。

-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」イメージ公開

TDSの新テーマポート「ファンタジースプリングス」 2022 年度中の開業を目指す、東京ディズニーシーの新テーマ ポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定。東 …

小田急が海老名にロマンスカーミュージアム、2021年春開業

海老名駅隣接地にロマンスカーミュージアム 小田急電鉄は、2021年春、小田急線海老名駅の隣接地に小田急の魅力が詰まった「ロマンスカーミュージアム」を開業。延べ床面積4400平方メートル。 特急ロマンス …

JR山形駅前ビブレ跡の再開発計画案が発表

山形ビブレ跡地などを再開発 「旧山形ビブレ」の跡地を含めたJR山形駅東口について、山形市は、再開発案を発表した。 再開発地域の面積は、旧山形ビブレ跡地と北側の民間ビル2棟に市道を合わせた3711平方メ …

仙台駅西口の青葉通りを広場に!仙台市が構想

仙台市がJR仙台駅西口の青葉通(青葉区)の一部区間を通行止めにし、屋外広場を整備する方向で検討中。 青葉通のうち駅前通交差点-愛宕上杉通交差点間の約150メートル区間を屋外広場にする。 中央分離帯のケ …

横浜市役所跡地、オフィスや星野リゾート、DeNAアリーナなど

2024年6月、横浜市役所跡にオープン 横浜市は、JR関内駅南口前にある横浜市庁舎街区(中区)を三井不動産など8社グループに決めた。施設群の総延べ床面積は約12万平方メートル、新築棟の高さは約160メ …