西日本の再開発

信毎メディアガーデン(松本市)のテナントやテラスからの眺望

投稿日:2018年10月10日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

信毎メディアガーデンとは

長野県松本市の信濃毎日新聞松本本社跡にできた、文化交流施設。設計は伊東豊雄さん(長野県下諏訪出身)で、そのほかパルコなども協力してコンサルティングを行なっている。

フロア構成

4〜5階・・・信濃毎日新聞松本本社、MGプレス編集室
3階・・・・・スタジオ、キッチン、レストラン、テラス
2階・・・・・ショップ、カフェ
1階・・・・・まちなか情報局、ホール、ショップ、カフェ、スクエア

まちなか情報局は、街の案内のほかプレイガイドとしての機能もある。

ショップではオリジナルのトートやエコバックも販売していて、かわいいロゴ入り。

1階にはホール、建物前のスクエアではフリーマーケットなども開催される。

2階はアウトドア専門店「A&F COUNTRY」「ノースフェイス」やおみやげ品、家具店などが入ってる。

軽井沢の「丸山珈琲」も出店。

おみやげ品店の「POMGE」

3階はレストランフロア、「松本ブルワリー」ではクラフトビールが飲める。

「松本てらす」は、養命酒製造と、松本市でレストラン「ヒカリヤ」を運営するシックスセンスがコラボレーションしたレストラン。長野県産の食材を使った薬膳を提供する。

3階のテラスで食事や眺望も

テラスでは、屋外で食事もできます。

テラスから松本パルコや松本市街などが望めます。

MAP

長野県松本市中央2丁目20−2




-西日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

FC今治『里山スタジアムプロジェクト』23年春完成予定

FC今治がサッカー専用スタジアム建設 新スタジアムプロジェクトのコンセプトは「里山スタジアム」。サッカースタジアムを核に、地域とヒトをつなぎ、人々の感性を呼びおこす、次世代の文化・交流拠点を目指します …

愛知体育館を隈研吾氏がデザイン、1万7000人収容のアリーナが25年夏開業

名城公園北園に新アリーナ 「名城公園北園」の一部で、メインアリーナとサブアリーナ、多目的ホールで構成。2025年夏のオープンを目指す。 外観デザインは、隈研吾氏デザインの「樹形アリーナ」。建築面積約2 …

宝塚ホテル、宝塚大劇場の隣に移転し2020年開業

宝塚ホテルが移転 5階建て、200室の客室。宝塚歌劇団のディナーショーもできる大宴会場のほか、中・小宴会場、カフェレストラン&バイキング、日本料理や鉄板焼の店も出店される。2020年に宝塚大劇場の隣に …

天神ビジネスセンター(福岡市)九州最大級のオフィスビルが2020年に誕生

天神ビジネスセンター概要 福岡市は天神地区の再開発「天神ビッグバン」の第1弾、地上16階建てのオフィスビル「天神ビジネスセンター(仮称)」の概要を発表。 福岡県久留米市出身で米ニューヨークを拠点に活動 …

福岡市のアイランドシティに西日本最大級アリーナ建設、5000人収容可能

西日本最大級のアリーナを建設 福岡市東区のアイランドシティに2018年12月、西日本最大級のアリーナ(室内競技場)を開館させる。地上4階建で延べ面積2万4666平方メートル。メインアリーナは3703平 …