西日本の再開発

福岡パルコ、新天町が再開発で建替えへ

投稿日:2022年12月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

パルコ、新天町が一体再開発

福岡市は、新天町商店街(同市中央区)の再開発に関し、新天町商店街商業協同組合などから隣接する商業施設「福岡パルコ」(同)とともに建て替える計画概要書が提出され、受理したと発表した。計画には西日本鉄道や三井住友銀行なども加わっており、市街地の再開発を促す「天神ビッグバン」を利用して容積率緩和の適用を求める。令和12年度の複合ビルの開業を目指す。

現段階のイメージでは、低層階に商店街・商業施設を形成するほか、「新しい文化・芸術を感じられる複合施設」を目指すとしている。ビルの高さや事業費などは未定で、関係者は「詳細計画は市と協議しながら詰めていく」とした。 新天町商店街は市の中心繁華街である天神地区にあり、先の大戦後の昭和21年に創業した。

現在は地下も含めて約100店舗が営業している。約8400平方メートルの敷地に地上3~5階の建物が並ぶが、老朽化が進み、再開発に向けた検討が進んでいた。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

大阪梅田の阪神百貨店が建て替えで、38階建てオフィスタワー一体型に

阪神百貨店が建て替え 大阪駅前にある阪神百貨店の建て替え工事が進んでいる。地上38階建てのオフィスタワーと、カンファレンスホール、阪神百貨店が入居する。 阪神百貨店は、地下2階から地上9階に入り、梅田 …

福岡空港駅〜JR長者原駅の新線構想、アイランドシティへの新線も

福北ゆたか線から空港まで新線 福岡市地下鉄空港線の福岡空港駅と、JR九州の福北ゆたか線(篠栗線)長者原駅を結ぶ鉄道計画について、福岡県が「基礎調査業務委託業務」の公募を実施した。筑豊地域で10万人の署 …

天神ビジネスセンター(福岡市)九州最大級のオフィスビルが2020年に誕生

天神ビジネスセンター概要 福岡市は天神地区の再開発「天神ビッグバン」の第1弾、地上16階建てのオフィスビル「天神ビジネスセンター(仮称)」の概要を発表。 福岡県久留米市出身で米ニューヨークを拠点に活動 …

福岡市のアイランドシティに西日本最大級アリーナ建設、5000人収容可能

西日本最大級のアリーナを建設 福岡市東区のアイランドシティに2018年12月、西日本最大級のアリーナ(室内競技場)を開館させる。地上4階建で延べ面積2万4666平方メートル。メインアリーナは3703平 …

博多駅前の明治公園が立体公園に、2025年春完成

明治公園をリニューアル 福岡市管理の公園としては初めて都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)※を活用し、 公園整備と20 年間にわたる管理運営を行うものです。九州の玄関口である博多駅前 …