西日本の再開発

門司港レトロに新ホテル2025年開業

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

ホテルや飲食店なども入居

北九州市は、「門司港レトロ地区臨海部開発事業」の公募型プロポーザルを実施した結果、美里建設を優先交渉権者に特定した。

同社は、ホテルと商業施設で構成する高さ35mの複合施設を提案した。概算事業費は約41億円(うち土地買受希望価格3億8000万円)を見込む。2023年8月の着工、25年7月のホテル開業、同8月の商業施設開業を目指す。

複合施設の規模は10階建て延べ7773㎡。「Amazing SPOT 門司港」をコンセプトに、ホテルと商業施設を展開して門司港レトロ地区の観光拠点とする。商業施設は、カフェやレストラン、フードテーマパークなどを配置し、同地区の魅力向上に貢献する。隣接建物からの関門海峡の視認性に配慮するとともに、対象地東側にある同社所有の九港ビルを改修してJR門司港駅とのアクセス、同地区の回遊性向上を図る。対象地は門司区西海岸1-29-6。敷地面積3520㎡。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

広島駅ビル建て替え、ホテルや商業施設、シネコンも併設し25年春開業

JR西日本が広島駅ビルの建替え発表 JR西日本は、広島駅ビル「ASSE(アッセ)」を2020年3月末に閉館し、2025年春に新しい広島駅ビルを開業すると発表。 地上20階建、商業施設とホテル、シネマコ …

JR名古屋駅の西口再開発、交通ターミナルなど整備

2027年リニア開業に向け再開発 名駅西口に交通ターミナル機能を備えた高層ビルを2棟建設する構想。地下には高速バスの乗降場、名古屋高速と接続することも検討。 高層ビルを西口駅前の南北に1棟ずつ建設。地 …

FC今治『里山スタジアムプロジェクト』23年春完成予定

FC今治がサッカー専用スタジアム建設 新スタジアムプロジェクトのコンセプトは「里山スタジアム」。サッカースタジアムを核に、地域とヒトをつなぎ、人々の感性を呼びおこす、次世代の文化・交流拠点を目指します …

天神ビックバン計画・旧大名小学校跡にリッツカールトン

大名小学校跡地にリッツカールトン 約1.0ヘクタールの敷地に、ホテル・オフィス棟(地上24階/高さ110m)、コミュニティ棟、公共施設、広場(約3,000㎡)、イベントホール等を配置する計画。ゲート( …

イトーヨーカドー岡山跡地に両備が再開発、オフィスや商業施設、マンション

両備グループが商業施設、マンション、オフィス 「イトーヨーカドー岡山店」跡地を、超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年度の完成予定。 37階建てマンション、300戸 3階建て …