西日本の再開発 鉄道路線計画

那覇市がLRT計画、2040年開業目指す

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

ゆいレールと接続するLRT

沖縄県那覇市は、高齢者や障害者が乗降しやすいように車両の床を低くした「LRT」(次世代型路面電車)の整備計画の素案を公表。市中心部を東西に貫くルートと南北に走るルート計約11キロを整備。複線で整備する本線は6~15分間隔、単線の支線は20~30分間隔の運行を想定している。

県庁北口-県立南部医療センター付近の東西ルート本線(約5キロ)と県庁北口-若狭海浜公園付近の支線(約1キロ)、真玉橋付近-新都心地区の南北ルート(約5キロ)の計3路線。東西ルートから先行して整備する。

市はLRTを「基幹的公共交通」と位置づけ、那覇空港にアクセスする「沖縄都市モノレール」(愛称・ゆいレール)や各地に向かうバス路線と接続させる計画。

4車線(片側2車線)の道路のうち中央2車線を軌道に置き換えて複線を整備し、超低床の車両が一般の車と走る併用軌道を走行。東西ルートの支線は単線とする。左右のレールの間隔は新幹線と同じ幅の「標準軌」を予定している。

(写真は宇都宮LRT)

-西日本の再開発, 鉄道路線計画
-, ,

執筆者:

関連記事

福岡家裁跡地にインターコンチネンタルホテル&複合施設、2030年開業へ

インターコンチネンタル福岡進出 福岡市の福岡家庭裁判所跡地に外資系の高級ホテルを中心とする複合施設の開業予定があることがわかりました。 2018年の移転に伴い、福岡市の家庭裁判所跡地は再開発の対象とな …

佐賀玉屋が建替えで百貨店とホテルの複合ビルに、2026年開業

佐賀玉屋が建て替え 佐賀玉屋の新本館ビルは10階建てを予定し、1~4階は佐賀玉屋の百貨店や、誘致したテナント、イベント開催スペースとする。5階から10階はホテルとし、150~180室を予定。 本館機能 …

キャナルシティ博多イーストビル建替え

イーストビルを建替え これからのキャナルシティ博多は、福岡 x アジアのミックスカルチャーを生みだす「職住遊」が融合した⼈々の豊かな暮らしの場へ進化していきます。 現在のイーストビルについては、202 …

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)と南北線延伸(品川・白金高輪間)

東京メトロの延伸決定、2030年目指す 半蔵門線(豊洲〜住吉)、南北線(白金高輪〜品川) 有楽町線延伸(豊洲・住吉間)は、建設キロ4.8km、総建設費 約2,690億円。経由地は豊洲~東陽町~住吉。延 …

大阪駅前の大阪中央郵便局跡にKITTE進出、22年春開業

大阪駅前にKITTE進出 地上40階、地下3階、高さ約188m、延床面積約229,000平方メートル。オフィス、商業施設、劇場、ホテルが入る。 MBSが新劇場も開設 新劇場は複合ビル内の西側中層部5~ …