東京の再開発

有楽町付近のKK線が歩行デッキに、2026年着工

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

京橋JCTから汐留JCTまでの2キロが歩行空間

東京高速道路(KK線)の歩行者空間への転換に関連し、東京都が2026年度にも建設工事に着手する見通しとなった。着工前にはKK線と接続する首都高速道路八重洲線を通行止めにする。以降は安全柵や植栽、ウッドデッキやタイルによる表層仕上げを段階的に整備。30~40年代の整備完了を目指す。

KK線は首都高速道路都心環状線京橋JCTから同汐留JCTまでの約2キロを、銀座エリアを囲むように通る自動車専用道路。上部空間の面積は約3万平方メートル。耐荷重や幅員の面で課題があり、大型自動車が通行できない。都は首都高日本橋区間(中央区)の地下化に伴う環状機能再編の一環で、歩行者空間に転換する方針を決めている。

歩行者空間への転換に当たり、地上と上部空間をつなぐ階段やエレベーターを整備する。延長全体を回遊できるようにしつつ、沿道の開発とも連携し、適宜デッキで接続。銀座や有楽町、新橋、汐留といったエリアを面的に結ぶ、歩行者ネットワークの基幹として機能させる。上部空間には安全柵や植栽のほか滞留空間や情報発信施設、物販店舗なども設ける。電動の次世代モビリティも運行して移動の利便性を高める。地上のまちを眺められる展望施設も設置する。

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

日比谷に35階建で新ビル、東宝創業の地で都内最大シネコンや屋外テラス

東京ミッドタウン日比谷 地上35階建のビルに、低層階の商業施設としてTOHOシネマズが都心最大級のシネマコンプレックスを出店。 1階にはイベントスペースの日比谷ゲートプラザを設ける。4階には11スクリ …

渋谷ヒカリエ北側に、地上33階の宮益坂地区再開発

宮益坂地区で再開発 「宮益坂地区市街地再開発準備組合」が計画する再開発事業は、JR渋谷駅東口付近を「A街区、B街区、C街区」に分け、総延床面積約200,800㎡の再開発ビルを建設します。 「宮益坂地区 …

新高島駅近くに2棟のビルを建設、商業施設やホテル

みなとみらいの日産本社、京急本社に隣接 商業施設、ホテル、にぎわい施設、オープンイノベーションスペースなど多様な空間を有した2棟のビル(WEST棟・EAST棟)を開発。 2020年12月の着工、202 …

ホテルオークラ(虎ノ門)が建て替え、2019年春に開業へ

虎ノ門のホテルオークラが建て替え 高層化するホテルオークラは、地上5階~22階(地上8階~25階)は、オフィスビルとホテルからなる2棟のビルに建て替える。 ホテルオークラMAP 関連記事: NHK放送 …

東京23区内にナショナルアリーナ建設、Bリーグの聖地に

1万5000人収容の大型アリーナ 日本バスケットボール協会などが、東京都23区内に1万5000人前後を収容できる「ナショナルアリーナ」の建設を検討。 日本代表戦やBリーグ・Wリーグのプレーオフ、全国高 …