東京の再開発

東急プラザ渋谷(渋谷区)高速バスターミナルなど19年11月開業

投稿日:2017年1月4日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東急プラザ渋谷跡地に17階建ビル

東急プラザ渋谷跡地に、地下5階~17階建に高層ビルに建て替える。ビル名称は「渋谷フクラス」。1階には空港リムジンバスターミナル、低層階には商業施設や観光支援ラウンジ、高層階はオフィスになる。2019年開業予定。

渋谷東急プラザ

17〜18F ルーフトップガーデン、インキュベーションオフィス、レストラン、ホール
8〜16F  オフィス(GMOグループ本社)
B1〜8F 商業施設
2F    渋谷駅連絡デッキ、オフィスアプローチ
1F    エントランス、リムジンバスターミナル
B2〜B4 駐車場

渋谷東急プラザ

1FにJTBの観光情報サロン

観光支援施設は、空港リムジンバス発着場を含むバスターミナルを設ける1階に位置。

GMOインターネットグループが入居

オフィスにはGMOグループが移転。三井住友銀行も入居。

最上階に「CE LA VI Tokyo」

シンガポール・マリーナベイサンズにあるセラヴィが日本初進出。17〜18階にオープンする

2016年12月様子

東急プラザMAP

東京都渋谷区道玄坂一丁目38番

-東京の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

青山ベルコモンズ跡地に、商業施設とホテルの複合ビル

青山のベルコモンズ跡地再開発 三菱地所は、東京都港区北青山二丁目の青山ベルコモンズ跡地に、「(仮称)北青山二丁目計画」を着工。2020年4月末完成予定。 地上20階、延床面積約23,00m2のオフィス …

日本橋に51階建てオフィス、ホテルが2025年誕生、野村證券ビルを保存

日本橋に超高層ビル 日本橋に隣接したエリアに、再開発ビル3棟の整備と合わせ、COREDO日本橋を改修、地区内に総延床面積約499,000㎡(日本橋一丁目三井ビルディングを含む)の施設群が誕生する。20 …

中野区新庁舎、体育館跡に23年夏以降に移転

中野体育館跡地に区役所移転 中野区は新庁舎デザインを発表。地下2階地上11階建て延べ4万2460平方メートルで、21年4月の着工、23年8月の完成予定。中野体育館を解体し移転新築する。 10〜11階に …

浜松町東芝ビル跡にツインタワー計画、31年完成

浜松町駅前のランドマーク 浜松町駅の近くにある東芝浜松町ビルの建て替え計画で、21年9月に着工予定。 高さが232.5m、「S棟」が地上45階、地下3階、「N棟」が地上47階、地下3階。 総延床面積は …

日本橋再生計画、三井不動産が構想を発表

日本橋界隈の都市再生と水辺再生 三井不動産は、首都高速が地下化になった以降の日本橋再生計画を発表した。 日本橋川沿いでは今後、敷地面積約6.7ha(約2万坪)、施設の延床面積37万坪に及ぶ5つの再開発 …