東京の再開発

ぐるなび会長が東京工業大学に30億円寄付、隈研吾デザインの新施設

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東工大に国際交流施設

東京工業大は、目黒区の大岡山キャンパスに、留学生たちと学生とかが交流するための施設を建てると発表。建設資金は、同大の卒業生で「ぐるなび」創業者の滝久雄会長が寄付した30億円で建設する。設計は隈研吾氏。2020年10月のオープンを目指す。

施設の名称は、「Hisao&Hiroko Taki Plaza」。地上2階地下2階建て、延べ床面積約5千平方メートル。

館内は漫画家・映画監督の大友克洋氏に依頼したアート作品も設置する。

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

品川駅西口再開発 国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。 京急電鉄案 京急電鉄は、国際交流拠点 …

神宮前6丁目地区再開発、表参道に新たな商業施設

2022年完成目指す 表参道東急プラザの斜め向かいに、神宮前6丁目地区再開発が始動する。地上10階建で地下3階、商業施設のほか屋上広場、公共施設などが入る。2020年9月に着工し、22年9月完成予定。 …

五反田ゆうぽうと跡地に21階建オフィスとホテル、シェアオフィス も

日本郵政不動産が自社で再開発 日本郵政グループの「日本郵政不動産」は五反田の「ゆうぽうと」跡地に、 地上21階、地下3階、高さ 約100m、延床面積約68,000㎡の超高層複合ビルを建設。 &nbsp …

神宮球場と秩父宮ラグビー場を建て替え、31年完成

神宮球場と秩父宮ラグビー場の入れ替え 老朽化に伴って神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を入れ替える。2031年の完成を目指し21年に着工する。 工事期間中はプロ野球もラグビーも開催できるようにする。 第 …

田町駅東口にオフィス、ホテルの超高層ビル建設、2020年春完成を目指す

TGMM芝浦プロジェクト 東京ガス、三井不動産、三菱地所が東京都港区のJR田町駅東口で進めている「TGMM芝浦プロジェクト」で、「B棟」が8月に着工。20年3月末の竣工を目指す。 田町駅に近い敷地の西 …