東京の再開発

JR品川新駅は高輪ゲートウェイ駅に!デザインは隈研吾氏

投稿日:2017年1月20日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

2020年開業

JR東日本は、田町駅と品川駅の間に新設する「高輪ゲートウェイ駅」の概要を公表。山手線と京浜東北線の駅として、2020年春の暫定開業、24年の本開業を目指す。

デザインアーキテクトには、新国立競技場の設計を手掛ける建築家の隈研吾氏を起用。駅舎は地下1階・地上3階建ての、高さ約30m。総床面積は約7600平方メートルで、改札口は南北2カ所に設置される。駅舎には幅110m、奥行き35mの膜の大屋根が架けられます。大屋根は折り紙をモチーフとしており、新駅を象徴するデザインになるり。

駅舎の東西面はガラス張りとして、駅構内の中央部に約1000平方メートルの吹き抜けに。1階がホーム階で、山手線と京浜東北線が停車する2面4線。

2階が改札口階で、イベントスペースなどもあります。3階にはテラスや店舗などが設けられるま。

高輪ゲートウェイ駅MAP

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

JR品川車両基地跡地に、超高層ビル群を建設

品川車両基地跡地の再開発 JR品川新駅前に超高層ビル群を建設。高級マンションやホテル、コンベンション、文化ホールなど集約。 1街区:地上45階、地下3階、高さ約173m、延べ149,000㎡ 国際水準 …

日本橋に国内最大の17階建の木造オフィスビル

地上17階建の木造ビル 三井不動産と竹中工務店は29日、東京・日本橋に木造建築として国内最大規模で最高層となる賃貸オフィスビルを新設するため、検討を始めたと発表した。規模は地上17階建て延べ約2万60 …

JR中野駅南口にツインタワー、22年12月完成

タワーマンションとオフィスビル JR中野駅前に高さ約145メートルのタワーマンションと約120メートルのオフィスビルを建設。2019年10月着工、22年12月に完成予定。 地上37階建てのタワーマンシ …

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

品川駅西口再開発 国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。 京急電鉄案 京急電鉄は、国際交流拠点 …

東京駅前に日本一高い61階建て「トーチタワー」2027年完成予定

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …