東京の再開発

築地市場跡地は、MICE国際会議施設などを整備

投稿日:2019年1月23日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

五輪後に整備着手

東京都は、旧築地市場跡地の23ヘクタールを4つのゾーンに分けて再開発。2020年の東京オリンピック期間は選手らの輸送拠点として活用し、大会後に着手する。

「おもてなしゾーン」・・・MICEや高級ホテル
「交流促進ゾーン」・・・大規模集客・交流施設や研究開発施設
「ゲートゾーン」・・・交通ターミナルや、ホテル、サービスアパートメント
「水辺の顔ゾーン」・・・船着き場や水辺を活用したにぎわい空間、レストラン




-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

東急が新宿ミラノ座跡地を再開発、映画館や劇場、ホテルなど22年開業

新宿ミラノ座跡地を再開発 新宿歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地に、延べ床面積8・5万平方メートル超のビルに劇場や映画館などのエンターテインメント施設、ホテル、空港連絡バスの乗降場などを備える。19年度の着工 …

銀座に日本版ハイレーン構想、高速道を遊歩道公園に

高速道路を遊歩道化に 東京都中央区は銀座エリアの首都高速道路KK線の遊歩道化計画を発表した。KK線は全長約2キロで、八重洲と新橋などを結ぶ。 ニューヨークには、ハイラインという貨物線跡の高架約2キロを …

晴海ふ頭で「HARUMI FLAG」13haの大規模再開発

住宅と商業施設を開発 晴海で、約13haの広大な土地に、5632戸の分譲住宅・賃貸住宅と商業施設の合計で24棟を建築。 商業施設も街の中心施設としてつくる。敷地面積1万1355.86平方メートル、地上 …

内幸町エリアで大規模再開発、超高層ビル化に着手

東京電力、みずほ銀行、帝国ホテル一帯を再開発 2020年の東京五輪以降に、内幸町エリアで大規模な再開発に着手。36年ごろに完成を目指す。 NTT日比谷ビルエリア 46階建のオフィス、店舗の複合ビル。2 …

首都圏(東京・横浜・埼玉)の鉄道計画路線

建設中の路線 東急新横浜線・相鉄新横浜線 2022年開業予定。横浜羽沢駅から新横浜駅を経由し、新綱島駅、日吉駅までの新路線。日吉から東急東横線・目黒線と直通運転。 相鉄・JR直通線 2019年開業予定 …