東京の再開発

京王とJR東日本が新宿駅西南口地区を再開発

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

甲州街道を挟んで再開発

2023年度から工事を開始し、南街区の工期は2023年度~2028年度、北街区は2040年代となっている。

更新期を迎えた駅ビルの建て替えを契機として、敷地の整序を行いながら駅、駅前広場、駅ビルなどを一体的に再編する計画だ。

北街区においては、多くの人が訪れるスカイコリドーの回遊性を生かし、歩行者動線に沿って情報発信・体験施設を整備。南街区では、グランドシャフトとつながる新宿テラス(中層)に面し、観光コンテンツ創出施設の開設を予定している。

北街区にライフスタイルホテル、南街区にラグジュアリーホテルとタイプの異なる宿泊施設を誘致。多様な付帯施設や観光情報発信施設と連携し、さまざまな滞在ニーズに対応したサービスを提供する。

計画地:東京都新宿区西新宿1丁目および渋谷区代々木2丁目各地内
区域面積:約1.9ha
全体の工期:2023年度~2040年代
全体の敷地面積:約1万6300m2(北街区約1万m2、南街区約6300m2)
全体の延床面積:約29万1500m2(北街区約14万1500m2、南街区約15万m2)
主要用途:店舗、宿泊施設、事務所、駐車場など

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

東急目黒線が2022年から8両化に、相鉄・新横浜線直通に伴い

東急目黒線・埼玉高速鉄道など8両化に 目黒線では2022年度上期から順次、8両化される。日吉駅で目黒線、東横線から接続し、相模鉄道(相鉄)の相鉄・東急直通線(相鉄新横浜線西谷~新横浜間)へ直通する東急 …

としまえん閉園へ、跡地にハリーポッターテーマパーク

23年春にハリーポッターテーマパーク 西武ホールディングスは、練馬区のとしまえんを20年度から段階的に閉鎖していき、跡地の一部には米映画大手ワーナー・ブラザースが人気映画「ハリー・ポッター」のテーマパ …

JR品川車両基地跡地に、超高層ビル群を建設

品川車両基地跡地の再開発 JR品川新駅前に超高層ビル群を建設。高級マンションやホテル、コンベンション、文化ホールなど集約。 1街区:地上45階、地下3階、高さ約173m、延べ149,000㎡ 国際水準 …

WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)、アトレや四季劇場など20年6月完成

劇団四季劇場があるエリアを再開発 JR東日本浜松町社宅、劇団四季劇場があるJR東日本アートセンター、シーサイドホテル芝弥生などがあるエリアを再開発。名称は「WATERS takeshiba(ウォーター …

板橋駅板橋口地区再開発、高層マンションや商業施設、コワーキングも

JR板橋駅前に35階建てマンション 地下3階地上35階建てで、低層階に商業施設、高層階にはマンションが入荷する。そのほか子育て支援施設、コワーキングスペース、交流スタジオも併設する。開発は野村不動産。 …