東京の再開発

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)と南北線延伸(品川・白金高輪間)

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東京メトロの延伸決定、2030年目指す

半蔵門線(豊洲〜住吉)、南北線(白金高輪〜品川)

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)は、建設キロ4.8km、総建設費 約2,690億円。経由地は豊洲~東陽町~住吉。延伸により、東京東部・北部と、千葉方面と臨海副都心(国際競争力強化の拠点)とのアクセスを向上。

豊洲市場や東京スカイツリーなどの観光拠点へのアクセス向上も目論む。 豊洲-住吉駅間の所要時間は、約20分から9分まで短縮。

また、東西線の混雑緩和にも寄与し、東西線の混雑率(木場駅⇒門前仲町駅)をピーク1時間あたり約20%低減できると見込む。 南北線延伸(品川・白金高輪間)は、建設キロ 2.5km、総建設費 約1,310億円、経由地は品川~白金高輪。

延伸により、六本木・赤坂等の都心部とリニア中央新幹線の始発駅となる品川駅とのアクセス向上のほか、羽田空港、品川開発(国際競争力強化の拠点)とのアクセス向上を図る。品川駅-六本木一丁目駅間の所要時間は、現在の約19分から→約9分に短縮する。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

虎ノ門・麻布台プロジェクト、森ビルが2023年完成を目指す

森ビルが新しいヒルズを整備 虎ノ門・麻布台エリアで森ビルが2023年の完成を目指してプロジェクトをスタートさせた。 広大な中央広場を街の中心に据え、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、 …

小田急が新宿駅ビル再開発、地上48階建、商業施設とオフォスビルに

小田急新宿駅が超高層ビルに 小田急電鉄は、小田急百貨店・本館(賃貸面積約61,000㎡)、小田急ハルク(賃貸面積約26,000㎡)、新宿ミロード(賃貸面積約約8,600㎡)、新宿スバルビル(賃貸面積約 …

田町駅東口にオフィス、ホテルの超高層ビル建設、2020年春完成を目指す

TGMM芝浦プロジェクト 東京ガス、三井不動産、三菱地所が東京都港区のJR田町駅東口で進めている「TGMM芝浦プロジェクト」で、「B棟」が8月に着工。20年3月末の竣工を目指す。 田町駅に近い敷地の西 …

日本橋再生計画、三井不動産が構想を発表

日本橋界隈の都市再生と水辺再生 三井不動産は、首都高速が地下化になった以降の日本橋再生計画を発表した。 日本橋川沿いでは今後、敷地面積約6.7ha(約2万坪)、施設の延床面積37万坪に及ぶ5つの再開発 …

NHK放送センター(渋谷区)が建て替え

地上11階建の情報棟などを整備 情報棟(11階建)・・・報道・情報スタジオなど 公開棟(5階建)・・・公開スタジオなど 制作事務棟(18階建)・・・映像・音声スタジオ、事務所など 2020年9月着工し …