東京の再開発 鉄道路線計画

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)と南北線延伸(品川・白金高輪間)

投稿日:2022年3月28日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東京メトロの延伸決定、2030年目指す

半蔵門線(豊洲〜住吉)、南北線(白金高輪〜品川)

有楽町線延伸(豊洲・住吉間)は、建設キロ4.8km、総建設費 約2,690億円。経由地は豊洲~東陽町~住吉。延伸により、東京東部・北部と、千葉方面と臨海副都心(国際競争力強化の拠点)とのアクセスを向上。

豊洲市場や東京スカイツリーなどの観光拠点へのアクセス向上も目論む。 豊洲-住吉駅間の所要時間は、約20分から9分まで短縮。

また、東西線の混雑緩和にも寄与し、東西線の混雑率(木場駅⇒門前仲町駅)をピーク1時間あたり約20%低減できると見込む。 南北線延伸(品川・白金高輪間)は、建設キロ 2.5km、総建設費 約1,310億円、経由地は品川~白金高輪。

延伸により、六本木・赤坂等の都心部とリニア中央新幹線の始発駅となる品川駅とのアクセス向上のほか、羽田空港、品川開発(国際競争力強化の拠点)とのアクセス向上を図る。品川駅-六本木一丁目駅間の所要時間は、現在の約19分から→約9分に短縮する。

-東京の再開発, 鉄道路線計画
-

執筆者:

関連記事

ゆいの森あらかわ(荒川区)に吉村昭記念文学館や図書館

荒川二丁目に文化複合施設 荒川区に、中央図書館、吉村昭記念文学館、子ども施設が一体となった「ゆいの森あらかわ」が建設中。 荒川図書館の建替えに伴う新たな図書館として、約60万冊の蔵書や約800席と、荒 …

羽田空港国際線ターミナル前に1700室の大型ホテル、20年春開業

羽田空港国際線ターミナル前に大型ホテル 東京都大田区羽田空港二丁目2番他の羽田空港国際線ターミナル前に、ラグジュアリー、ハイグレード。スタンダードタイプの大型ホテルが建設。地上12階建でモノレール国際 …

浜松町東芝ビル跡にツインタワー計画、31年完成

浜松町駅前のランドマーク 浜松町駅の近くにある東芝浜松町ビルの建て替え計画で、21年9月に着工予定。 高さが232.5m、「S棟」が地上45階、地下3階、「N棟」が地上47階、地下3階。 総延床面積は …

帝国ホテルが建て替え、2036年完成予定

新本館のデザイン発表 帝国ホテルは、2036年に完成予定の帝国ホテル 東京 新本館の外観デザインを発表した。コンセプトは「東洋の宝石」とし、フランス在住の建築家 田根剛氏のデザイン案を採用する。 建て …

中野区新庁舎、体育館跡に23年夏以降に移転

中野体育館跡地に区役所移転 中野区は新庁舎デザインを発表。地下2階地上11階建て延べ4万2460平方メートルで、21年4月の着工、23年8月の完成予定。中野体育館を解体し移転新築する。 10〜11階に …