西日本の再開発

JR九州が博多駅空中都市プロジェクト発表、博多コネクテッド

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

博多駅在来線上空にビル

(1)最高の立地と機能を兼ね備えた、福岡が世界に誇る最先端オフィス ・博多駅直結の高い交通利便性 ・博多駅周辺において最大規模の基準階プレート (約 1,000 坪) ・BCP や感染症などのリスク対応 (例:非常時電源供給) ・価値観の多様化や新たな働き方への対応 (例:個室化、内階段、バルコニー)

(2)まちの価値を高め、福岡の魅力を世界に発信するラグジュアリーホテル ・全室 35 ㎡以上のゆとりある客室 ・線路上空を活かしたトレインビューを楽しめる客室 ・ゆとりと格調を感じさせるエントランスと車寄せ

(3)“脱炭素時代”をけん引する環境性能 ・ビルで使用する電力にグリーン電源を採用 ・再生可能エネルギーの活用 ・高効率機器の導入 ・まちに潤いを与える緑化の推進 ・内装等への木質化の推進

(4)新しい生活様式に対応した感染症対策 ・換気機能の強化 (例:温度差換気による自然換気システム) ・抗菌・除菌機能の導入 ・非接触機能の導入

(5)まちの回遊性向上とにぎわい創出に向けた取り組み ・歩きやすく心地よい歩行者空間の創出 (外壁のセットバックなど)

・広場等を使ったにぎわい創出 (イベント、アートによる文化発信など)

・博多口と筑紫口を結ぶ新たな動線の設置

・筑紫通り高架下の環境改善

2028年完成目指す

敷地面積:約 5,200 ㎡ 、オフィス、ホテル、にぎわいを創る商業や広場などを在来線の上空につくる。

-西日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

兵庫県庁舎デザイン『 グリーンフロント』に隈研吾氏

隈研吾さんがデザイン 1号館跡地に1、2号館を集約した行政棟を建て、2号館跡地には高級ホテルや商業施設を誘致し、新たな県民会館を整備する計画。 新庁舎となる行政棟は2025年度中、その他の施設は30年 …

柳川に新文化会館、掘割と一体感のあるデザインに

柳川市民文化会館の計画発表 福岡県柳川市は、「柳川市民文化会館」の実施設計を発表。4階建て延べ5985平方メートル。地域特有の水路である掘割と一体となった「水上に浮かぶ柳川の舞台」をコンセプトに、80 …

新歌舞伎座跡地にホテルロイヤルクラシック大阪(大阪ミナミ)

新歌舞伎座跡地にホテル 大阪ミナミにあった新歌舞伎座跡地にホテルロイヤルクラシック大阪を建設。2019年10月開業を目指す。設計は隈研吾事務所が行う。 地下1階、地上19階建。150室客室とチャペル、 …

MGMリゾーツインターナショナルとオリックスがIR施設

大阪で20年代後半に開業目指す 大阪府と大阪市は28日、誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者に、米国のMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスのグループを選定したと発表し …

佐賀玉屋が建替えで百貨店とホテルの複合ビルに、2026年開業

佐賀玉屋が建て替え 佐賀玉屋の新本館ビルは10階建てを予定し、1~4階は佐賀玉屋の百貨店や、誘致したテナント、イベント開催スペースとする。5階から10階はホテルとし、150~180室を予定。 本館機能 …