西日本の再開発

広島駅ビル建て替え、ホテルや商業施設、シネコンも併設し25年春開業

投稿日:2019年3月15日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

JR西日本が広島駅ビルの建替え発表

JR西日本は、広島駅ビル「ASSE(アッセ)」を2020年3月末に閉館し、2025年春に新しい広島駅ビルを開業すると発表。

地上20階建、商業施設とホテル、シネマコンプレックスなどが入居する。

駅ビル2階の路面電車が進入する空間は、広島駅中央口改札や新幹線口改札から段差なくフラットに繋がる。

店舗面積約25,000平方メートルのショッピングセンターおよびシネマコンプレックスを計画。屋上などに広場を設ける。

7〜20F  ホテル
7〜8F 松竹系のシネマコンプレックス
2〜4F    路面電車、吹抜け広場
2〜6F  商業施設
1F   駅前広場
B1   商業施設

ホテルはJR西日本系のホテルヴィスキオ

駅ビル高層階に、JR西日本ホテルズの新規ブランド「ホテルヴィスキオ」(400室規模)を計画。

駐車場は500台収容

駅ビル直結駐車場(約500台)に加えて、駅北西に別棟駐車場(約400台)を計画。

-西日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

大阪メトロが、大阪万博に向けて夢洲駅プロジェクトを発表

未来都市のような夢洲駅 大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は夢洲駅周辺開発への参画構想を明らかにした。 総額595億円をかけて御堂筋線の9駅、中央線の6駅のリニューアルを2024年度までに完 …

名古屋三越栄店が超高層ビル化、29年にホテル併設に

超高層ビルに高級ホテルが入居 名古屋三越が入るオリエントビルは、2029年の完成を目標とする同ビルの建て替える。地下3階、地上34階建て、高さ約180メートル。 低層階は商業施設、中層階にコンベンショ …

北九州スペースワールド跡地にイオンアウトレット進出検討

閉鎖するスペースワールド跡地に巨大アウトレット 北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」の跡地に、イオンが、西日本最大級のアウトレットモールや子供向けレジャー施設を合わせた九州初の複合型施設 …

泉佐野りんくうタウンにホテル、コンベンションホール

りんくう中央公園グランド跡に 大阪の泉佐野市にあるりんくう中央公園の用地を売却し、国際観光とMICE施設を整備。敷地約2万平方メートル。 四つ星ホテルやコンベンションホール、物販・飲食店舗、サービスア …

天神ビジネスセンター(福岡市)九州最大級のオフィスビルが2020年に誕生

天神ビジネスセンター概要 福岡市は天神地区の再開発「天神ビッグバン」の第1弾、地上16階建てのオフィスビル「天神ビジネスセンター(仮称)」の概要を発表。 福岡県久留米市出身で米ニューヨークを拠点に活動 …