西日本の再開発

広島駅ビル建て替え、ホテルや商業施設、シネコンも併設し25年春開業

投稿日:2019年3月15日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

JR西日本が広島駅ビルの建替え発表

JR西日本は、広島駅ビル「ASSE(アッセ)」を2020年3月末に閉館し、2025年春に新しい広島駅ビルを開業すると発表。

地上20階建、商業施設とホテル、シネマコンプレックスなどが入居する。

駅ビル2階の路面電車が進入する空間は、広島駅中央口改札や新幹線口改札から段差なくフラットに繋がる。

店舗面積約25,000平方メートルのショッピングセンターおよびシネマコンプレックスを計画。屋上などに広場を設ける。

7〜20F  ホテル
7〜8F 松竹系のシネマコンプレックス
2〜4F    路面電車、吹抜け広場
2〜6F  商業施設
1F   駅前広場
B1   商業施設

ホテルはJR西日本系のホテルヴィスキオ

駅ビル高層階に、JR西日本ホテルズの新規ブランド「ホテルヴィスキオ」(400室規模)を計画。

駐車場は500台収容

駅ビル直結駐車場(約500台)に加えて、駅北西に別棟駐車場(約400台)を計画。

-西日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

門司港レトロに新ホテル2025年開業

ホテルや飲食店なども入居 北九州市は、「門司港レトロ地区臨海部開発事業」の公募型プロポーザルを実施した結果、美里建設を優先交渉権者に特定した。 同社は、ホテルと商業施設で構成する高さ35mの複合施設を …

大阪・茨木市市民会館跡の再開発で図書館や劇場

立体的な公園のデザインは伊東豊雄氏 1,200席の大ホールや多目的ホール、子育て世代包括支援センター、市民活動センター、図書館などを備える複合施設のほか、大屋根、屋根付き通路、芝生広場などを中央公園の …

JR新長崎駅ビル、23年秋にマリオットホテルなどと一体開業

マリオットが長崎進出、JRが運営 2022年秋の九州新幹線西九州(長崎)ルートの暫定開業を見据え、JR九州は新長崎駅ビルについて、ホテルの開業を2年ほど前倒しし、23年秋に商業フロアと同時開業する。 …

新歌舞伎座跡地にホテルロイヤルクラシック大阪(大阪ミナミ)

新歌舞伎座跡地にホテル 大阪ミナミにあった新歌舞伎座跡地にホテルロイヤルクラシック大阪を建設。2019年10月開業を目指す。設計は隈研吾事務所が行う。 地下1階、地上19階建。150室客室とチャペル、 …

福岡・天神西に24階建て再開発ビル 福岡地所と住友生命保険

新ビルは地上24階、地下2階、延べ床面積約4万2千平方メートル。市の再開発促進事業「天神ビッグバン」の対象エリアで、容積率を上乗せする優遇策の適用を受ける。 高さ113メートルで、オフィスと商業施設が …