東京の再開発

羽田空港跡地第1ゾーンの再開発、22年開業

投稿日:2018年5月12日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

羽田空港跡地第1ゾーン再開発

京浜急行電鉄空港線・東京モノレール天空橋駅東側の5・9ヘクタールを開発。

研究開発施設、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーションなどの機能を入れる。天空橋駅とも直結させる計画。

2022年開業予定。




-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

イトーヨーカドー岡山跡地に両備が再開発、オフィスや商業施設、マンション

両備グループが商業施設、マンション、オフィス 「イトーヨーカドー岡山店」跡地を、超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年度の完成予定。 37階建てマンション、300戸 3階建て …

武蔵野の森総合スポーツ(調布市)味スタ隣に東京五輪アリーナ

味の素スタジアム隣にアリーナ建設 味の素スタジアム(東京スタジアム)に隣接する場所に、総合スポーツ施設が建設。約4,800平方メートルのメインアリーナのほかにサブアリーナ、プール、トレーニングルームな …

ぐるなび会長が東京工業大学に30億円寄付、隈研吾デザインの新施設

東工大に国際交流施設 東京工業大は、目黒区の大岡山キャンパスに、留学生たちと学生とかが交流するための施設を建てると発表。建設資金は、同大の卒業生で「ぐるなび」創業者の滝久雄会長が寄付した30億円で建設 …

東京駅前に日本一高い61階建て超高層ビル、三菱地所が建設し2027年完成

東京駅前に日本一高いビルを建設 三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表 …

JR東日本が品川駅北周辺地区開発

JR東日本は、JR品川駅北側に位置する港区の品川車両基地跡地など約6・9ヘクタールを4街区に分け、総延べ床面積85万5000平方メートルの施設群を開発する計画案を明らかにした。19年度の着工、24年度 …