西日本の再開発

北九州スペースワールド跡地にイオンアウトレット進出検討

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

閉鎖するスペースワールド跡地に巨大アウトレット

北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」の跡地に、イオンが、西日本最大級のアウトレットモールや子供向けレジャー施設を合わせた九州初の複合型施設を計画。開業時期は、閉園から4、5年後を目指している。

スペースワールドの敷地面積は24万平方メートルで、埼玉県越谷市のレイクタウン(26万4000平方メートル)とほぼ同じ敷地面積となる。進出が決定すると西日本最大級のアウトレットモールが誕生することになる。

-西日本の再開発
-, , ,

執筆者:

関連記事

大阪駅前の大阪中央郵便局跡にKITTE進出、22年春開業

大阪駅前にKITTE進出 地上40階、地下3階、高さ約188m、延床面積約229,000平方メートル。オフィス、商業施設、劇場、ホテルが入る。 MBSが新劇場も開設 新劇場は複合ビル内の西側中層部5~ …

JR熊本駅直結のオフィスビル、22年冬に開業

JR九州が熊本駅前にオフィスビル JR九州は、JR熊本駅(熊本市)に直結するオフィスビルを開発すると発表。2020年冬の開業予定。 新ビル「熊本駅北ビル(仮称)」は、熊本駅の白川口駅前広場の北側に建設 …

那覇市がLRT計画、2040年開業目指す

ゆいレールと接続するLRT 沖縄県那覇市は、高齢者や障害者が乗降しやすいように車両の床を低くした「LRT」(次世代型路面電車)の整備計画の素案を公表。市中心部を東西に貫くルートと南北に走るルート計約1 …

ジャングリラ(JUNGRILA)沖縄に新テーマパーク、2025年開業

森岡氏が率いる刀プロデュース 株式会社刀とジャパンエンターテイメントは、沖縄北部テーマパークプロジェクトの名称を「JUNGLIA(ジャングリア)」に決定した。2025年の開業を目指す。 ユニバーサル・ …

福岡空港駅〜JR長者原駅の新線構想、アイランドシティへの新線も

福北ゆたか線から空港まで新線 福岡市地下鉄空港線の福岡空港駅と、JR九州の福北ゆたか線(篠栗線)長者原駅を結ぶ鉄道計画について、福岡県が「基礎調査業務委託業務」の公募を実施した。筑豊地域で10万人の署 …