首都圏の再開発

アパホテル&リゾート横浜ベイタワー(横浜市)日本最大級2400室、37階建てホテル

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

アパホテルが横浜に超高層ホテル

アパグループが「北仲通北地区土地区画整理事業」の再開発用地(B-2地区の一部)に建設する地上37階、地下2階、高さ約135m(最高約145m)の超高層ホテル。

客室は2400室。 1棟の建物としては日本最大。 地上1~3階にはフロント、エントランスロビー、レストラン、大浴場などを設置。 地下には駐車場などを整備。 2019年9月の開業を目指す。

名称はアパホテル&リゾート横浜ベイタワー。みなとみらいに隣接する中区海岸通に地上35階、地下2階建て、延べ床面積約6万4500平方メートルの規模。客室の内訳はダブル(約11平方メートル)が1367室、ツイン(約14平方メートル)が944室。露天風呂付きの大浴場や屋外プールなども備える。

アパホテルMAP

-首都圏の再開発
-,

執筆者:

関連記事

横浜市役所(横浜市)が北仲通南に移転、31階建て新庁舎に

横浜市役所が関内から移転 横浜市は「北仲通南地区」(中区本町6丁目)に地上31階、地下2階、高さ約152mの新市庁舎を建設。 2020年1月末竣工、2020年6月末の供用開始を目指す。みなとみらい線の …

大宮西口再開発に28階建てマンションと商業施設(さいたま市)

大宮ソニックシティの隣接地を再開発 JR大宮駅西口で大規模な再開発計画。商業施設と住居約600戸からなる複合施設を計画している。 再開発では南北に2棟の建物を建設。南側は28階建てで、延べ床面積は約6 …

横浜スタジアム

横浜スタジアム(横浜市)DeNAが東京五輪に向けてボールパーク構想

DeNAがコミュニティボールパーク構想を発表 横浜スタジアム2018年に開業40年を迎え老朽化と収容人数不足が大きな課題となっている。2020東京オリンピックの野球、ソフトボール会場となることから増築 …

横浜北仲タワー(横浜市)にオークウッド進出、分譲マンションや展望フロアも

横浜北仲タワープロジェクト概要 三井不動産レジデンシャルと丸紅は、横浜市中区の北仲通北地区に地上58階、地下1階、高さ199.95mの超高層複合施設を建設。 施設は総戸数約1100戸の分譲住宅及び宿泊 …

東急竹芝再開発

東急が竹芝(浜松町)にステップテラスで浜離宮と一体化の39階建てビル

竹芝再開発計画 東急不動産と鹿島建設は、2社共同で竹芝地区開発計画A街区(業務棟)を着工した。東京都港区海岸1丁目の都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、業務棟と住宅棟からなる全体延床面積約2 …