首都圏の再開発

横浜北仲タワー(横浜市)にオークウッド進出、分譲マンションや展望フロアも

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

横浜北仲タワープロジェクト概要

三井不動産レジデンシャルと丸紅は、横浜市中区の北仲通北地区に地上58階、地下1階、高さ199.95mの超高層複合施設を建設。 施設は総戸数約1100戸の分譲住宅及び宿泊施設、商業施設、文化施設で構成。 2020年2月に竣工する予定。

分譲マンションは5~58階(46~51階を除く)。 46~51階にはサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が入る。 46階には展望フロア(面積約880㎡)も。1~2階には延べ約6000㎡の商業・文化ゾーンが整備。 スーパーマーケットやカフェ、レストランなどが入る。 また、横浜市認定の歴史的建造物である「旧横浜生糸検査所付属生糸絹物専用 B号倉庫およびC号倉庫(倉庫棟)」が復元され、横浜市指定有形文化財「旧横浜生糸検査所付属倉庫事務所 (通称:北仲 BRICK)」とともに、音楽・アートなどの発信拠点となる。

横浜北仲タワーMAP

-首都圏の再開発
-

執筆者:

関連記事

横浜教育文化センター跡に、関東学院大学22年4月開校

JR関内駅前の教育文化センター跡地に関東学院大学 17階建て延べ2・5万平方メートル規模の複合施設で、関東学院大学キャンパス、ギャラリー、スポーツ施設などが入居。開校は22年4月を予定。 地下1階と地 …

アパホテル&リゾート横浜ベイタワー(横浜市)日本最大級2400室、37階建てホテル

アパホテルが横浜に超高層ホテル アパグループが「北仲通北地区土地区画整理事業」の再開発用地(B-2地区の一部)に建設する地上37階、地下2階、高さ約135m(最高約145m)の超高層ホテル。 客室は2 …

横浜みなとみらいに新客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」

みなとみらいに客船ターミナル 新港ふ頭客船ターミナルは、みなとみらい新港地区に、横浜市と公民連携して推進する複合施設「横浜ハンマーヘッド」において、商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURA …

大宮西口再開発に28階建てマンションと商業施設(さいたま市)

大宮ソニックシティの隣接地を再開発 JR大宮駅西口で大規模な再開発計画。商業施設と住居約600戸からなる複合施設を計画している。 再開発では南北に2棟の建物を建設。南側は28階建てで、延べ床面積は約6 …

JR横浜タワーにニュウマン(NEWoMan)横浜が出店、20年5月30日開業

JR横浜駅の駅ビルが建替えに JR横浜駅が地上26階地下3階、高さ約135mに建替えで2020年開業予定。横浜駅のコンコースから地上、地下への導線をスムーズにし長年改築が続く日本のサクラダファミリアが …