首都圏の再開発

水戸市泉町の旧京成百貨店跡地に、水戸市民会館を建設

投稿日:2017年5月12日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

泉町一丁目北地区再開発

水戸市の旧京成百貨店跡地に、水戸市民会館などが入る複合施設を整備。2020年末の完成を目指す。

基本設計は伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計事務所JVが担当する。地下1階地上4階建て延べ2万2345平方メートル。2000席の大ホール、ショップやスタジオ、展示ホール、会議室などを配置する。敷地北側には純木製の柱・梁を組み上げて作る屋内施設「やぐら広場」をつくる。

-首都圏の再開発
-

執筆者:

関連記事

横浜みなとみらいに新客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」

みなとみらいに客船ターミナル 新港ふ頭客船ターミナルは、みなとみらい新港地区に、横浜市と公民連携して推進する複合施設「横浜ハンマーヘッド」において、商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURA …

東急竹芝再開発

東急が竹芝(浜松町)にステップテラスで浜離宮と一体化の39階建てビル

竹芝再開発計画 東急不動産と鹿島建設は、2社共同で竹芝地区開発計画A街区(業務棟)を着工した。東京都港区海岸1丁目の都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、業務棟と住宅棟からなる全体延床面積約2 …

新宿駅建替えで3層構造に、2040年代にツインタワー

新宿グランドターミナル 東京都と新宿区は、新宿駅と直近地区を対象にした「新宿の拠点再整備方針案」を公表。JR東日本などが所有する既存の駅ビルを建て替え、駅構内や駅前広場を大規模に再編する。 地下階と地 …

横浜市役所(横浜市)が北仲通南に移転、31階建て新庁舎に

横浜市役所が関内から移転 横浜市は「北仲通南地区」(中区本町6丁目)に地上31階、地下2階、高さ約152mの新市庁舎を建設。 2020年1月末竣工、2020年6月末の供用開始を目指す。みなとみらい線の …

大宮駅東口大門町2丁目(さいたま市)に商業施設、ホールなどの複合施設

大宮駅東口大門町2丁目再開発 JR大宮駅の近接地、大門町2丁目に複合ビルを建設。完成は2020年度を予定。地下2階、地上18階建てで三井不動産の業務施設や大栄不動産の商業施設、中央デパート、みずほ銀行 …