東日本の再開発

西武が所沢駅西口開発計画、2024年秋開業

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

グランミオ所沢とも東西連結、シネコンも

西武ホールディングスの連結子会社である西武鉄道と住友商事は10月28日、西武鉄道所沢車両工場跡地を含む周辺一帯で進められている「所沢駅西口土地区画整理事業」地区内において共同で商業施設の開発を行う「所沢駅西口開発計画」の事業計画を発表した。事業費は、約295億円。

2022年11月に着工し、2024年秋に開業する予定。計画地を含む所沢エリアは、交通の利便性に加え、豊かな自然環境、数多くの歴史文化施設、観光・レジャー施設に恵まれた、魅力あふれる街でもある。両社は、計画の敷地約3万4000m2において、店舗面積約4万3000m2、店舗数約150店舗、駐車場台数約1700台、地上7階建て(商業フロア4層)の広域集客型商業施設を開発し、所沢市の玄関口にふさわしい魅力と活気のある街並みの形成を目指す。

所在地:埼玉県所沢市東住吉10番(西武所沢車両工場跡地)
敷地面積:約3万4000m2
延床面積:約12万9000m2
構造:RCST造(柱RC造、梁S造)、一部S造
階数:地上7階
高さ:最高高さ37.40m
設計:清水建設・西武建設設計共同企業体
(設計者:清水建設一級建築士事務所)
施工:清水建設・西武建設共同企業体
建物基本設計:日建設計
店舗面積:約4万3000m2
店舗数:約150店舗
駐車場台数:約1700台
駐輪場台数:約2000台
事業主:西武鉄道、住友商事
運営管理:西武リアルティソリューションズ
事業費:約295億円

-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

札幌駅前の札幌西武跡に40階建超高層ビル、ヨドバシカメラやホテル

札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 JR札幌駅前にある「ヨドバシホールディングス」が保有する旧札幌西武跡地を活用し、複合ビルを建設。 南側に地上40階、高さ約220mのメートルの「高層部」、 …

札幌すすきの駅前再開発、ススキノラフィラ跡地に2023年秋開業

地上18階建ての商業施設 地下2階~18階建て、高さ約78mの複合施設を建設する計画。公共交通機関の乗り換え駅としての交通結節点機能も強化する施設で、1階には地下鉄運行時間中に通行可能な屋内貫通通路を …

西武ドームが40周年記念にボールパーク化構想

西武ドームがボールパークに 西武ライオンズの本拠地(西武ドーム:メットライフドーム)が180億円をかけて大改修を行う。老朽化した座席などをリニューアルするほか、外周やドーム前を一新する。 獅子ビル内に …

日本ハムが北広島新球場に商業施設、ホテル、キャンプ、温泉も!2023年開業

北海道ボールパーク概要発表 北海道日本ハムファイターズが北広島市で計画中のボールパークについて概要を発表した。 スライドする長さ約160メートルの切り妻式の屋根で、冬場は閉じて雪を防ぐ。中堅後方には高 …

24年春に「ららアリーナ東京ベイ」開業へ、三井不動産とmixiが開発

ららぽーと隣接地に大型アリーナ ミクシィと三井不動産が、千葉県船橋市に収容数1万人以上の大型多目的アリーナ「ららアリーナ 東京ベイ(LaLa arena TOKYO-BAY、仮称)」を計画。 三井ショ …