東日本の再開発

上瀬谷(横浜市)に三菱地所などがテーマパークや新交通システム

投稿日:2020年3月11日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

上瀬谷通信施設跡地を再開発

横浜市の上瀬谷通信施設(同市旭・瀬谷区、約242ヘクタール)跡地に、テーマパークを核にした複合施設を誘致する考えを明らかにした。

跡地を「農業振興」(約50ヘクタール)、「公園・防災」(同)、「観光・賑わい」(約125ヘクタール)、「物流」(約15ヘクタール)の四つのゾーンに区分。相鉄線瀬谷駅を起点にした「新たな交通」も導入予定。

2027年に花博

横浜市は跡地を会場に、2027年の国際園芸博覧会(花博)開催を目指している。

ディズニー級の大型テーマパーク招致も

面積が東京ディズニーランド、ディズニーシーを合わせたほどの大きさで、海外の映画会社系のテーマパーク承知を視野に計画をたててるという。

「三菱地所」と企業連合を設立したのは、「相鉄ホールディングス、東急、東急不動産、三菱倉庫」の4社です。地域を走る相鉄線や東急線の鉄道関連会社が参画することで、地元の企業や住民と一体となった開発を推進する狙いがあるとみられます。今後は「三菱地所」を代表とする5社が核となり、開発を先導するものとみられます。

施設跡地では、観光振興やにぎわいの創出を目的とした70haの地区内に、複合施設「KAMISEYA PARK(仮称)」が2031年頃に整備される予定で、東京ディズニーランドとほぼ同じ51haほどの広さに日本の文化や最新技術を活用した「次世代型テーマパーク」や商業施設が開業する見込みです。

-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

みなとみらいに、新高島駅直結の30階建てビルと商業施設

低層階ににぎわい施設 新高島駅と接続され、地上30階建てのウェスト棟、地上15階建てのイースト棟がクイーンズモールを両サイドに建設される。 ウエスト棟 26階~30階が「ホテル」 9階~24階が「賃貸 …

横浜旧市庁舎となりを三菱地所が再開発

横浜市は、2020年春から市庁舎をみなとみらい線 馬車道駅近に移転した。今回の再開発エリアは、JR根岸線と尾上町通りに挟まれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4ha。老朽化した建物を第一種市街地再開発事 …

小田急が海老名にロマンスカーミュージアム、2021年春開業

海老名駅隣接地にロマンスカーミュージアム 小田急電鉄は、2021年春、小田急線海老名駅の隣接地に小田急の魅力が詰まった「ロマンスカーミュージアム」を開業。延べ床面積4400平方メートル。 特急ロマンス …

西武ドームが40周年記念にボールパーク化構想

西武ドームがボールパークに 西武ライオンズの本拠地(西武ドーム:メットライフドーム)が180億円をかけて大改修を行う。老朽化した座席などをリニューアルするほか、外周やドーム前を一新する。 獅子ビル内に …

横浜MM21のパシフィコ隣接地に、2万人収容アリーナと20階建ホテル

みなとみらいに新アリーナ 横浜市のみなとみらい21(MM21)地区60・61街区に2万人を収容する国内最大級の音楽専用アリーナとホテル棟、オフィス棟など総延べ6・7万平方メートル規模の複合施設を建設。 …