東日本の再開発

横浜市役所跡地、オフィスや星野リゾート、DeNAアリーナなど

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

2024年6月、横浜市役所跡にオープン

横浜市は、JR関内駅南口前にある横浜市庁舎街区(中区)を三井不動産など8社グループに決めた。施設群の総延べ床面積は約12万平方メートル、新築棟の高さは約160メートル。2024年6月に行政棟を先行開業し、全体開業は25年3月ごろを予定する。

新築棟(地上30階建て)

1~3階に新産業創造拠点(床面積3600平方メートル)。
4~5階には仮想現実(VR)などを使ったスポーツ体験施設。
6~7階が市民の健康増進する「ウェルネスセンター」(4700平方メートル)
10階はオフィスロビー、11~14階が大学(1万2800平方メートル)
15~30階はオフィスフロア(床面積5万1900平方メートル)

行政棟

旧市庁舎を保存して活用。
1~2階に商業施設を配置。
3~8階は星野リゾートが運営するホテル(約1万7000平方メートル)

ライブビューイングアリーナ

横浜DeNAベイスターズの試合パブリックビューイングなどのイベントを行う。

羽田空港、箱根、鎌倉からの直行バスを運行するほか、周辺地域で運行しているオープントップバスが乗り入れるなど、交通利便性も高める。

-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

日本ハムが北広島新球場に商業施設、ホテル、キャンプ、温泉も!2023年開業

北海道ボールパーク概要発表 北海道日本ハムファイターズが北広島市で計画中のボールパークについて概要を発表した。 スライドする長さ約160メートルの切り妻式の屋根で、冬場は閉じて雪を防ぐ。中堅後方には高 …

北海道新幹線のJR札幌駅計画が一部変更、再開発ビルと接続に

北海道新幹線が札幌駅3階に停車 JR北海道は、新幹線専用改札の位置については、元々1階を予定していたが3階に変更し、新たに開発されるビルと接続する案を公表した。 在来線改札、幹在乗換改札と同じフロアに …

横浜アンパンマンミュージアム&モール、みなとみらい内に移転

みなとみらい内に移転し、2倍に拡張 「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、2019年夏に移転すると。これまでの2倍の広さに、参加体験型アクティビティーを増やす。 地下1階~地上3階建てで、 …

横浜みなとみらいの62街区にフォーシーズンズホテルや水族館

26年度に水族館やホテル開業 横浜市西区にある「みなとみらい(MM)21地区62街区」の開発事業予定者にマレーシアのコングロマリット、ベルジャヤ・コーポレーションが代表の企業グループ「BMD62」を選 …

ウェスティンホテル横浜、みなとみらいに22年春開業

長期滞在型ホテル併設の国際ホテル 「ウェスティンホテル横浜」の客室数は373室、レストラン、バンケット、フィットネス等を備える予。さらに長期滞在対応型ホテル201室を併設。 24階建 神奈川県横浜市西 …