東日本の再開発

横浜市役所跡地、オフィスや星野リゾート、DeNAアリーナなど

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

2024年6月、横浜市役所跡にオープン

横浜市は、JR関内駅南口前にある横浜市庁舎街区(中区)を三井不動産など8社グループに決めた。施設群の総延べ床面積は約12万平方メートル、新築棟の高さは約160メートル。2024年6月に行政棟を先行開業し、全体開業は25年3月ごろを予定する。

新築棟(地上30階建て)

1~3階に新産業創造拠点(床面積3600平方メートル)。
4~5階には仮想現実(VR)などを使ったスポーツ体験施設。
6~7階が市民の健康増進する「ウェルネスセンター」(4700平方メートル)
10階はオフィスロビー、11~14階が大学(1万2800平方メートル)
15~30階はオフィスフロア(床面積5万1900平方メートル)

行政棟

旧市庁舎を保存して活用。
1~2階に商業施設を配置。
3~8階は星野リゾートが運営するホテル(約1万7000平方メートル)

ライブビューイングアリーナ

横浜DeNAベイスターズの試合パブリックビューイングなどのイベントを行う。

羽田空港、箱根、鎌倉からの直行バスを運行するほか、周辺地域で運行しているオープントップバスが乗り入れるなど、交通利便性も高める。

-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

仙台駅西口の青葉通りを広場に!仙台市が構想

仙台市がJR仙台駅西口の青葉通(青葉区)の一部区間を通行止めにし、屋外広場を整備する方向で検討中。 青葉通のうち駅前通交差点-愛宕上杉通交差点間の約150メートル区間を屋外広場にする。 中央分離帯のケ …

山梨県が富士5合目までの富士登山鉄道を整備構想発表

富士山登山鉄道構想 山梨県の構想では、これからの富士山五合目アクセス交通の在り方及び登山鉄道の基本方針として、富士スバルライン上にLRT(次世代路面電車)を敷設する案を想定し、整備イメージや事業運営に …

名古屋の錦三丁目地区にホテル、劇場、イノベーション施設、26年完成

三菱地所が超高層ビル建設 名古屋市、錦三丁目にホテル、イノベーション拠点、オフィス、シアターの複合型の再開発が始動する。開発は日本郵政不動産株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社中日新聞社のほか …

横浜山下ふ頭IR誘致、横浜市が近く正式に表明へ

ハーバーリゾートへの旅 それはまるで世界へ出航する帆船のように、横浜IRは横浜に新たな風景をつくります。 世界を代表する都市型ベイリゾートYOKOHAMAへ 「横浜らしさ」の根幹である文化都市の洗練さ …

横浜駅すぐ!プラネタリウムがある横濱ゲートタワー2021年完成

横浜駅近くにプラネタリウムも 横浜駅近くの日産本社などが集まるエリアに、オフィス・貸し会議室・クリニック・保育所・プラネタリウムを併設した超高層ビルを建設。地上21階建て。 横浜駅から徒歩6分、新高島 …