東日本の再開発

ダイエー横浜西口店が閉店、跡地は22階建の複合施設

投稿日:2018年9月15日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

46年に幕、2019年2月11日閉店

横浜駅西口にあるダイエー横浜西口店が2019年2月11日で閉店した。

老朽化も激しく、上層階のURと含めて建替えの再開発計画が予定している。

東日本大震災の際には亀裂が入るなどし、建物の老朽化が目立つ。

再開発後は、9階建ての商業棟と8階建ての賃貸住宅で構成され、商業棟の1階には食料品店としてイオン系の「イオンスタイル」が入居する予定。

ダイエー跡に22階建てビル

商業施設が入る9階建ての低層棟と住宅が入る22階建ての高層棟として再開発され、総床面積は約5万6千平方メートル。商業棟の地下や住宅棟内に駐車場(162台収容)も設ける。

商業施設は、小売りやサービス関連、オフィスなどを想定し今後、具体的な機能や床面積、入居者を決めていく予定。

住宅の総戸数は約250戸で、1DK~2DK(30~50平方メートル)程度の比較的小ぶりな間取りにする計画となっている。住宅は全てURの賃貸住宅として供給される。

2021年6月に着工、25年1月完成予定。




-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

札幌駅前の札幌西武跡に40階建超高層ビル、ヨドバシカメラやホテル

札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 JR札幌駅前にある「ヨドバシホールディングス」が保有する旧札幌西武跡地を活用し、複合ビルを建設。 南側に地上40階、高さ約220mのメートルの「高層部」、 …

ダイエー横浜西口店跡に、イオンモール横浜西2023年秋オープン

横浜西口にイオンモール イオンモールは7月20日、権田金属工業と2019年2月に閉店した「ダイエー横浜西口店」跡地の土地活用、建物計画に関して合意し、2023年秋「(仮称)イオンモール横浜西口」をオー …

東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」イメージ公開

TDSの新テーマポート「ファンタジースプリングス」 2022 年度中の開業を目指す、東京ディズニーシーの新テーマ ポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定。東 …

ウェスティンホテル横浜、みなとみらいに22年春開業

長期滞在型ホテル併設の国際ホテル 「ウェスティンホテル横浜」の客室数は373室、レストラン、バンケット、フィットネス等を備える予。さらに長期滞在対応型ホテル201室を併設。 24階建 神奈川県横浜市西 …

東京ディズニーリゾートに「トイストーリーホテル」2021年開業

「トイストーリー」をテーマに11階建てホテルを新設 外観から中庭にいたるまで、すべておもちゃで作られたようなデザインのホテルは、映画『トイ・ ストーリー』シリーズをテーマとし、映画に登場する少年アンデ …