東日本の再開発

ダイエー横浜西口店が閉店、跡地は22階建の複合施設

投稿日:2018年9月15日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

46年に幕、2019年2月11日閉店

横浜駅西口にあるダイエー横浜西口店が2019年2月11日で閉店した。

老朽化も激しく、上層階のURと含めて建替えの再開発計画が予定している。

東日本大震災の際には亀裂が入るなどし、建物の老朽化が目立つ。

再開発後は、9階建ての商業棟と8階建ての賃貸住宅で構成され、商業棟の1階には食料品店としてイオン系の「イオンスタイル」が入居する予定。

ダイエー跡に22階建てビル

商業施設が入る9階建ての低層棟と住宅が入る22階建ての高層棟として再開発され、総床面積は約5万6千平方メートル。商業棟の地下や住宅棟内に駐車場(162台収容)も設ける。

商業施設は、小売りやサービス関連、オフィスなどを想定し今後、具体的な機能や床面積、入居者を決めていく予定。

住宅の総戸数は約250戸で、1DK~2DK(30~50平方メートル)程度の比較的小ぶりな間取りにする計画となっている。住宅は全てURの賃貸住宅として供給される。

2021年6月に着工、25年1月完成予定。




-東日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

横浜MM21のパシフィコ隣接地に、2万人収容アリーナと20階建ホテル

みなとみらいに新アリーナ 横浜市のみなとみらい21(MM21)地区60・61街区に2万人を収容する国内最大級の音楽専用アリーナとホテル棟、オフィス棟など総延べ6・7万平方メートル規模の複合施設を建設。 …

日本ハムが北広島新球場に商業施設、ホテル、キャンプ、温泉も!2023年開業

北海道ボールパーク概要発表 北海道日本ハムファイターズが北広島市で計画中のボールパークについて概要を発表した。 スライドする長さ約160メートルの切り妻式の屋根で、冬場は閉じて雪を防ぐ。中堅後方には高 …

横浜山下ふ頭IR誘致、横浜市が近く正式に表明へ

ハーバーリゾートへの旅 それはまるで世界へ出航する帆船のように、横浜IRは横浜に新たな風景をつくります。 世界を代表する都市型ベイリゾートYOKOHAMAへ 「横浜らしさ」の根幹である文化都市の洗練さ …

小田急が海老名にロマンスカーミュージアム、2021年春開業

海老名駅隣接地にロマンスカーミュージアム 小田急電鉄は、2021年春、小田急線海老名駅の隣接地に小田急の魅力が詰まった「ロマンスカーミュージアム」を開業。延べ床面積4400平方メートル。 特急ロマンス …

横浜市役所跡地、オフィスや星野リゾート、DeNAアリーナなど

2024年6月、横浜市役所跡にオープン 横浜市は、JR関内駅南口前にある横浜市庁舎街区(中区)を三井不動産など8社グループに決めた。施設群の総延べ床面積は約12万平方メートル、新築棟の高さは約160メ …