東日本の再開発

新潟三越跡地に商業・オフィス・住宅複合型タワー、2029年竣工

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

藤本壮介氏が設計

西堀通5番町地区市街地再開発準備組合、廣瀨、東京建物は9月15日、新潟県新潟市中央区西堀通5番町内において推進している「(仮称)西堀通5番町地区市街地再開発事業が、同日付で新潟市より都市計画決定の告示を受けたことを発表した。

同事業は、準備組合が事業主体として開発を推進しており、廣瀨および東京建物が事業協力者として参画している、新潟県最高層となる約150mの商業・オフィス・住宅複合型タワー再開発プロジェクト。2025年の本体工事着工、2029年竣工を予定している。

立地特性を生かし、温浴施設や物販店舗といった都市型サービスなど、多様な機能の再集積を図り、広域集客を意識した魅力ある商業空間を創出する。高機能オフィスも整備し、大企業の本社移転や、社内コミュニケーション円滑化のニーズに対応できる、新潟市内最大級の規模のオフィスも整備。コワーキングスペースを設置することで、多様な働き方を支援し、他分野企業の人々と働く空間を共有することでイノベーション創出にも寄与する。

多様な入居者をターゲットとした、質の高い都市型住環境も提供。入居者のライフスタイルや居住ニーズに応える多彩な住戸面積タイプを備え、それぞれが自分らしく暮らせる共用部やサービスを用意する。超高齢社会への対応として、高品質な都市型シニア向け住宅も整備する予定だ。

周辺施設との連携を高めるため、交通結節機能も強化。古町地区の玄関口として、バス、タクシー、シェアサイクルなどについて、交通広場や参道広場のオープンスペースを中心に整備する。建物周囲を回遊する階段広場を整備し、低層部の屋上には、季節に応じたさまざまなイベントの可能にする屋上広場を設けるという。

-東日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

24年春に「ららアリーナ東京ベイ」開業へ、三井不動産とmixiが開発

ららぽーと隣接地に大型アリーナ ミクシィと三井不動産が、千葉県船橋市に収容数1万人以上の大型多目的アリーナ「ららアリーナ 東京ベイ(LaLa arena TOKYO-BAY、仮称)」を計画。 三井ショ …

横浜市役所跡地、オフィスや星野リゾート、DeNAアリーナなど

2024年6月、横浜市役所跡にオープン 横浜市は、JR関内駅南口前にある横浜市庁舎街区(中区)を三井不動産など8社グループに決めた。施設群の総延べ床面積は約12万平方メートル、新築棟の高さは約160メ …

横浜旧市庁舎となりを三菱地所が再開発

横浜市は、2020年春から市庁舎をみなとみらい線 馬車道駅近に移転した。今回の再開発エリアは、JR根岸線と尾上町通りに挟まれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4ha。老朽化した建物を第一種市街地再開発事 …

札幌すすきの駅前再開発、ススキノラフィラ跡地に2023年秋開業

地上18階建ての商業施設 地下2階~18階建て、高さ約78mの複合施設を建設する計画。公共交通機関の乗り換え駅としての交通結節点機能も強化する施設で、1階には地下鉄運行時間中に通行可能な屋内貫通通路を …

成田空港隣接地にゲートウェイ成田、球体型デジドームやホテル

成田国際空港隣接地にGATEWAY NARITA、25年秋ごろ着工 不動産やファンド事業などを手掛ける共生バンク(東京都千代田区、柳瀬健一代表取締役)は9日、成田国際空港(千葉県成田市)の隣接地約45 …