東日本の再開発

JR山形駅前ビブレ跡の再開発計画案が発表

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

山形ビブレ跡地などを再開発

旧山形ビブレ」の跡地を含めたJR山形駅東口について、山形市は、再開発案を発表した。

再開発地域の面積は、旧山形ビブレ跡地と北側の民間ビル2棟に市道を合わせた3711平方メートル。JR山形駅から続くペデストリアンデッキをつないで一体化させるほか、過密状態にあるバスプールを拡張し、JR山形駅前から市内の主要地域に運行するバスを配置していく。ホテルと観光案内所が検討されている。

-東日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

西武ドームが40周年記念にボールパーク化構想

西武ドームがボールパークに 西武ライオンズの本拠地(西武ドーム:メットライフドーム)が180億円をかけて大改修を行う。老朽化した座席などをリニューアルするほか、外周やドーム前を一新する。 獅子ビル内に …

上瀬谷通信施設跡地(横浜市)にテーマパークや新交通システム

上瀬谷通信施設跡地を再開発 横浜市の上瀬谷通信施設(同市旭・瀬谷区、約242ヘクタール)跡地に、テーマパークを核にした複合施設を誘致する考えを明らかにした。 跡地を「農業振興」(約50ヘクタール)、「 …

札幌すすきの駅前再開発、ススキノラフィラ跡地に2023年秋開業

地上18階建ての商業施設 地下2階~18階建て、高さ約78mの複合施設を建設する計画。公共交通機関の乗り換え駅としての交通結節点機能も強化する施設で、1階には地下鉄運行時間中に通行可能な屋内貫通通路を …

日本ハムが北広島新球場に商業施設、ホテル、キャンプ、温泉も!2023年開業

北海道ボールパーク概要発表 北海道日本ハムファイターズが北広島市で計画中のボールパークについて概要を発表した。 スライドする長さ約160メートルの切り妻式の屋根で、冬場は閉じて雪を防ぐ。中堅後方には高 …

名古屋の錦三丁目地区にホテル、劇場、イノベーション施設、26年完成

三菱地所が超高層ビル建設 名古屋市、錦三丁目にホテル、イノベーション拠点、オフィス、シアターの複合型の再開発が始動する。開発は日本郵政不動産株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社中日新聞社のほか …